edit

オーバーロードIII #13 最終回

『PVP』
アインズに一騎討ちを申し込んだガゼフ。
それは自分が死ぬことをわかった上での提案だった。
そこにブレインが自分も含めた二人で、と名乗り出るが、
ガゼフがそれを拒絶した。
二人は見ていてくれ、と。

戦いを前にアインズはガゼフの剣を見せてもらう。
それはアインズを殺せる剣だったんだそうな。
ただし、届けばの話になるわけですが。

そして、戦いは一瞬で終わる。
クライムによる合図とともに。
敬意を払って手加減はしなかった、ということなんでしょうかね。
蘇生を望まないと言っていた彼の想いも尊重して、簡単には蘇生出来ない殺し方に。

ガゼフの戦いに時間の猶予を与えるアインズ。
ブレインは納得できない部分があったわけですが、
ガゼフが何を考えていたのか、クライムなりの考えを聞いて、
自分のやり方で超えていく覚悟を決めた。
自分たちに未来を託したのだろう、と。
少しでもアインズの力を知るために。

ガゼフの剣はブレインが持つことになったようですが、
彼はどうしていくんだろうねぇ。

そして、エ・ランテルはナザリックのものに。
子供が石を投げてきたりしたわけですが、モモンが出てくることで大きな問題にはならず。
あれはどっちが本人だったのかね?
モモンが代表となることで大きな騒動を引き起こさせず、
情報もより手に入れやすくしたようで。

アインズたちが表舞台に出ていく最初として上手く進んでいるようですね。
大きな脅威を前にほかがどう動くのやらねぇ。
で、第一王子は今後どう使うつもりなんだろう?
ただ殺したわけじゃないでしょうし。
力を知ろうとしたジルクニフは圧倒的な差を見せつけられたわけで、
どうするのやらね。

4期を楽しみにしたいですねぇ。

アインズ:日野聡
アルベド:原由実
シャルティア:上坂すみれ
アウラ:加藤英美里
マーレ:内山夕実
デミウルゴス:加藤将之
コキュートス:三宅健太
セバス:千葉繁
ヴィクティム:東山奈央
ユリ:五十嵐裕美
ルプスレギナ:小松未可子
ナーベラル:沼倉愛美
シズ:瀬戸麻沙美
ソリュシャン:佐倉綾音
エントマ:真堂圭
ザリュース:東地宏樹
シャースーリュー:楠見尚己
クルシュ:雨宮天
ゼンベル:石井康嗣
ラナー:安野希世乃
クライム:逢坂良太
ガゼフ:白熊寛嗣
ブレイン:遊佐浩二
ラキュース:小清水亜美
ガガーラン:斉藤貴美子
イビルアイ:花守ゆみり
ティア:石上静香
ティナ:富田美憂
ツアレ:嶋村侑
ジルクニフ:櫻井孝宏
フールーダ:土師孝也

トラックバック

TB*URL

オーバーロードⅢ 第13話(終)「PVP」感想

アインズの超位魔法により数万の兵を失ったうえ、召喚獣によって壊滅的な状態となったリ・エスティーゼ王国軍。 そんな惨状の中、ガゼフはアインズに一騎打ちを希望。 アインズもこれを承諾し、ブレインとクラインが立会人を務める事となる。 ガゼフの命を賭けた戦いを真剣な眼差しで見守る二人だったが、アインズのザ・ワールド時間停止によって勝負は瞬時に決着。 敗北したガ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.