edit

義母と娘のブルース #10 最終回

『完結~さらば義母!!愛が起こす奇跡の果て 私は娘を愛してます』
指は下に向くのかw
亜希子だもんなぁ。

自分に向けられた麦田の気持ちは嬉しく思う。
でも、その気持ちをぶつけられて思い出すのは良一との時間。
良一にもらった時間と大切なもので満たされている。

みゆきが謝ろうとしたところを大樹がフォロー。

そんな中で麦田に届けられた父親からのレシピノート。
最初に書かれていたのは愛を知ること、だった。

今回のことで退職も考えていた亜希子。
けれど、ここで放り出すわけにも。
そんな中で笠原からの連絡が。
それは引き抜きの話だった。

有名な会社なようで嬉しく思うものの、勤務地は大阪になりそうだ、と。
麦田での今後の展開を手土産に、という話をしたものの、
無理だろうと笠原に言われる。
それは亜希子もわかっていたみたいですね。
それならと断ろうとしたわけですが、亜希子は倒れてしまう。

受験前日、当日とみゆき本人の方が落ち着いてましたからね。

麦田が受験終わりのみゆきのもとにやってきて、
みゆきは急いで亜希子のもとへ。
下山から過労だと伝えられても、それを信じることは出来なかった。
みんなこういう時に嘘をつくじゃないか、と。

先生からの話を聞いてようやく信じられたものの、
不安には違いない。
亜希子はみゆきの受験のことでってことなのかな?
そんな彼女の頭にあった白髪に気づいたりも。

そして、みゆきは亜希子に引き抜きの話がきていることを知った。
その返事を亜希子の代わりに待ってほしいと頼んだ。

受験は合格。
けれど、大樹からの連絡にみゆきは嘘をついた。
その足で向かった亜希子にも受験はダメだった、と。
その後の別の大学でも受からないようにしていた。

そんな中で合格通知が郵送で届けられ亜希子は知ることになる。
理由がわからないままに大樹に確認したりとしていたわけですが、
大樹が探りを入れたら言わなくなるかも知れないと、
自分で言わせようとあれやこれやとすることにした。

ただ、怒ってます?と確認した大樹に対しての亜希子が怖いわw
目が一切笑ってないw

合格祈願の水垢離をするも手強いみゆき。
試験会場に潜り込んだりもw
調べるためにそこまでするのか^^;

そして、全ての受験結果がわかって二人は相対する。
なぜみゆきが嘘をついたのか。
パン屋で引き抜き話が噂になっていたことから、検討はつけていたわけですが、
みゆき本人からの話を聞くために。

自分自身したいことをしてほしい。
直接言ってもそうならないとわかっていたから、こんな方法をとったのだと。

それならと亜希子は自分の生い立ち。
そして、良一と出会い、みゆきと出会った自分の話をみゆきに伝えた。
みゆきに自分を重ねていたことを。
自分がほしかったもの、それをさせていただけ。
自分はみゆきを利用していただけなのだと。
だから、恩に着る必要などないのだと。

そんな亜希子の想いに亜希子が気づいていない想いをみゆきが伝えた。
それは愛だと。

二人が出会えたことは本当に奇跡だったんでしょうね。

そこからは二人はそれぞれの道に。
出会った頃のことをみゆきが逆に亜希子にしてましたね。

ただ、別れたのに、最後がしまらないというねw
それがまたよかったですね。
いい最終回だった。

岩木亜希子:綾瀬はるか
宮本良一:竹野内豊
麦田章:佐藤健
宮本みゆき(高校生):上白石萌歌
黒田大樹(高校生):井之脇海
宮本みゆき:横溝菜帆
黒田大樹:大智
友井智善:川村陽介
西条乙女:橋本真実
猪本寧々:真凛
前原大輔:村本大輔
ユナ:水谷果穂
宮本愛:奥山佳恵
麦田の父:宇梶剛士
矢野晴美:奥貫薫
田口朝正:浅利陽介
笠原廣之進:浅野和之
下山和子:麻生祐未

トラックバック

TB*URL

火曜ドラマ『義母と娘のブルース』第10話(最終回)

内容みゆき(上白石萌歌)に背中を押された章(佐藤健)は、思い切って亜希子(綾瀬はるか)にプロポーズしたが。。。。。玉砕する。みゆきは、少なからず後悔してしまう。2人の関係はギクシャク。ナントカしたいと思うみゆきだったが、受験が迫り、それどころでは無かった。そして受験の日。心配しながらも、みゆきを送り出した亜希子は、亡き夫の上司・笠原(浅野和之)に、会いに行くことに。が。。。。敬称略脚本は、森...

義母と娘のブルース (第10話/最終回・2018/9/18) 感想

TBS系・火曜ドラマ『義母と娘のブルース』(公式) 第10話/最終回『完結?さらば義母!!愛が起こす奇跡の果て私は娘を愛してます』の感想。 なお、原作:桜沢鈴「義母と娘のブルース」(ぶんか社)は未読。 麦田(佐藤健)が亜希子(綾瀬はるか)へ思いを告白。同じ頃、亜希子は良一(竹野内豊)の元上司・笠原(浅野和之)から連絡を受けていた。やがて迎えたみゆき(上白...

義母と娘のブルース 最終話

心配して、麦田ベーカリーの前で待っていた、みゆき(上白石萌歌)と大樹(井之脇海)の前に、麦田(佐藤健)が戻って来ます。 告白は成功かと思いきや・・・ そして、みゆきの第一志望の受験当日、亜希子(綾瀬はるか)も見送りに来て、受験票などのチェックを行っていました。 みゆきを見送った後、連絡をくれていた良一(竹野内豊)の上司だった笠原(浅野和之)と喫茶店で待ち合わせをして・・・ ...

義母と娘のブルース 第10話

義母と娘のブルースの第10話を見ました。 麦田は亜希子に告白するも、良一のことを思い出してしまうとフラれてしまう。 このことで亜希子と麦田はお互いに遠慮し合ってズケズケ言い合えなくなってしまう。 そんな中、みゆきは第一希望の大学受験の日を迎えるのだが、亜希子が倒れたと麦田から聞いたみゆきは病院へ急ぐ。 いつも嘘を吐かれていたみゆきは病院の先生からの説明でようやく過労であっ...

義母と娘のブルース 最終回 (上白石萌歌さん)

上白石萌歌さんは、TBS系列の毎週火曜夜10時枠にて放送されていた火曜ドラマ『義母と娘のブルース』に宮本みゆき 役で出演しました。 先日は最終回(第10話)が放送されました。 ●あらすじと感想(ネタバレ注意) 元キャリアウーマンの宮本亜希子(綾瀬はるかさん)は、「ベーカリー麦田」店長・麦田章(佐藤健さん)からプロポーズされるも丁重に断った。亡くなった夫・良一(竹野内豊さん)のことがいまだに忘...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad