edit

月刊少年サンデー ゲッサン 2018年 10月号

今月のゲッサン

勇者の娘と緑色の魔法使い


バイオラがその場で作ったポーションで回復したリカ。
ただ、本来はすぐに激しく動いてもいいものではなく、
それでもアンデットを前にリカは戦う。
笑われて怒っていたこともあってですが。
グリムの方はバイオラの調合に不安だったりもしたわけですが、
リカの回復具合を見て仲間に引き込もうと考える。
ただまぁ、こっちはこっちでむくれていたりも。
それをなだめたり、ポーションによってアンデットを倒す姿に、
彼女もそんな方法がと興味津々に。
そんなこんなでアンデットに勝利したグリムたち。
休息のためにバイオラの家にお邪魔させてもらうことに。

くノ一ツバキの胸の内


今回は医療班のモクレンの休日。
のんびりするのが好きな彼女ですが、なかなかそうはいかないようですね^^;
頼まれると断れない。
けど、それ以上にみんな彼女を頼りにしているみたいですね。
ツバキも悩みを聞いてもらおうとしたりも。
でも、モクレンの姿に自分を思い出して気を引き締めた。
ただまぁ、もう少しモクレンにはのんびし出来る時間をあげてほしいですね^^;

恋に恋するユカリちゃん


体育の授業でぼーとしていて怪我をしたユカリちゃん。
保健室で休んでいると、そこに西片くんと高木さんが。
ユカリちゃんの妄想が止まりませんでしたねw
そんなにキラキラしてるやり取りじゃなかったんだけどねぇ^^;

I AM SHERLOCK


シャーロックが世界を救って3年。
ジョンは医者に戻り、探偵を辞めていた。
そんな彼に旅行記を書くアンドロイドの世話を頼みたいとマイクロフトからの依頼が。
というわけで、シャーロックとの再会になるわけですね。
マイクロフトがモリアーティの惑星からシャーロックの断片をサルベージして再生した。
それに3年の月日がかかった。
そんなこんなで再び二人で探偵業を再開することに。
バスカヴィルが一般人として生活を始めていたりもしてよかったですね。
最終回は完全にエピローグになってましたね。
何かが残っていたりするのかとも思ったんですけど、
これなら前回を増ページにして一気にしてしまえばよかったのに、と思ったかな。
けどまぁ、連載お疲れ様でした。
次回作はまた青春モノが読みたいかなぁ。

マネチとソワレ


次の道が開けたマコトはワクワクする気持ちを止められない。
そんな中で日下部は役者の道を諦めることを選んだ。
小鳥遊からは日下部もオーディションに参加してみれば、と言われるが、
マコトとの二人芝居で自分一人でも見ることの出来なかったものを見られた、と
充実した気持ちで満たされていた。
スッキリしたのだと。
だから、次に何をするかは決まってはいないけれど、
これまでの逃げとは違う再スタートをきることを決めた。
そして、マコトはオーディションへの準備を始める。
原作を読んでみて興味を惹かれたようですが、
結果はどうなるのでしょうかね。
ライバルとなる相手とオーディション前にぶつかったりしていましたが、
彼はどんな人なのでしょうね。

からかい上手の高木さん


前半は直前に高木さんが自分のことをちゃんと言っているのに、
それでも見えていない西片くんというね^^;
しかし、手間のかかるものを高木さんは用意したなぁw
後半はクッキー。
調理実習で作ったわけですが、好きな人が作ったものは同じ材料、同じ作り方でも
美味しく感じるもの。
というわけで、美味しかったようですね。
お互いにw

放課後さいころ倶楽部


今回は怖い話からの少し怖い推理ゲーム「ウェンディゴのこわい話」。
それらは全てサプライズバースデーパーティーのためだったんですね。
ただ、ゲームを始めた頃にはいた二人の女子生徒はどこにいったのやらね^^;
知らないって幸せなことなんだろうね^^;

というわけで、アニメ化が決まったらしい。
実写化じゃなくてよかったですけど、見ないかもしれないなぁ。
原作で十分満足してるのでね。

MIX


絶好調の投馬。
赤井も守備で助けてくれたりも。
ただ、攻撃の方が上手く回ってないようですね。
投馬は「鳶が鷹を生む」ではなく、鷹に育てられた鳶。
兄妹が投馬を今の投手にまで育てた。
で、音美から投馬のクセを聞き出そうとしていた自チームの試合を見ていない監督さんは、
春夏にバレて聞き出せず。
音美にはわかるクセというのも気にはなりますね。

ひとりぼっちの地球侵略


こちらもエピローグな最終回でしたね。
戦いを終えた岬一たちの新しい一歩。
助けた点ちゃんがまさかの王子様だったというねw
その縁があって地球とゴズが同盟を組むことになったらしい。
誰かに優しくするといずれそれは戻ってくるものですね。
そして、アイラの恋は龍兄によって進められそうですね。
岬一とノゾミはようやく隣に並べたという感じでしょうかね。
6年半の連載お疲れ様でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゲッサン 2018年 10月号 [雑誌]
価格:549円(税込、送料無料) (2018/9/11時点)



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.