edit

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

2018年に公開された「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの第19作品目。
「マイティ・ソー バトルロイヤル」の終盤から続く話。
あの後、ソーたちは襲われていたんですね。
星はなくなっても民たちとともにと立ち上がった直後の悲劇。
そして、相変わらずな振る舞いをするロキだったわけですが、
それは相手が悪かったようですね。
ロキは本当の死を迎えることとなる。
ただ、ロキだからなぁ、とは思うけど、さすがに無理なのかな。
彼がこっそり持ち出していた四次元キューブは奪われ、スペース・ストーンはサノスの手に。
本当にタイミングが悪いよなぁ。
持ち出さなければ星と一緒に消滅していた、ということだろうに。

ハルクだけは地球に逃され、危機を知らせることになった。
ただ、ハルクは姿を変えることを拒むようになったりも。
ハルクを止めるために作られたハルクバスターでバナー自ら戦うことになってましたね。
相手の力に怯えて、ということなのだろうと思うけど、どうなんだろう。

ハルクが落とされたのはストレンジのもとだった。
そこからトニーが呼び出されることになるわけですが、
当然の結果だけど、二人の気が合わないねw
気持ちとしての方向性は決してずれているわけではないけど。
トニーの方にも問題はあるけど、ストレンジの方が色々と問題アリだとは思う。

というわけで、彼の持つタイム・ストーン。
そして、ヴィジョンの持つマインド・ストーンが狙われることになる。

ただ、アベンジャーズは解散し、ヴィジョンの行方はわからない。
知っているであろうロジャースとは連絡をとっていない。
そんな中でサノスの部下が地球に。

偶然、課外授業で近くに来ていたピーターも戦うことに。
連れ去られるストレンジを追いかけた彼のために単体作のラストで渡そうとしていた
スーツを渡したりも。
アイアンマンの最新スーツと一緒でナノマシンで出来てるのな。
ていうか、姿が蜘蛛の足なんだろうけど、なんかキモかった^^;
そんなピーターの映画の知識がサノスの部下を退ける助けになったりも。

ヴィジョンの方はワンダと逃避行をしていたようで。
外見を人間に変えることが出来るようになっていたんですね。
そんな彼らも襲われるわけですが、ロジャースたちに助けられることに。

というわけで、アベンジャーズの基地で協力すべき仲間たちと合流。
さらに破壊すべきだと考えていたヴィジョンのマインド・ストーンに別の可能性を考えたバナー。
ストーンを取り出せさえすればヴィジョンは個人として生きられるだろうと。
複雑に絡み合って今があるのだから、ストーンだけではないはずだと。
それが出来る場所としてロジャースはワカンダを頼ることに。

シュリならなんとかなりそうだったわけですが、時間が必要だった。
そこを襲われることになる。
あえて敵を入れることで時間稼ぎをすることに。
ただ、戦場の状況からワンダが出たために相手はヴィジョンをすぐに狙ったりも。
我慢しないとダメなところだったわな。

死んだとされていたソーはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々に救われることに。
彼らの出していた救難信号で駆けつけたのがクイルたちだったのな。
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は見ていないので、
ここまでガッツリ入ってるのなら先に見ておけばよかったと後悔していますね。
出てくるのは知っていたので少しだけ調べはしてましたが。

彼らの仲間のガモーラはサノスの義理の娘だったのな。
そんな二人の過去が描かれたりもしていたわけですが、
なんでガモーラだけはサノスの特別な存在になったんだろう。

ソーはなんでロケットのことをウサギと呼ぶのか^^;
すごく意気投合はしていたけどもw
そんなロケットとグルートとともにサノスを倒すための武器を調達。
命がけで新たな武器を作ることになる。
サノスが使っていたガントレットを作らされた場所でもあったんですね。

ソーたちはその後地球でワカンダの戦場に駆けつけることに。

クイルたち他の面々はサノスが次に狙うストーンのもとへ。
ただまぁ、すでに手に入れた後だったのな。
ガモーラが殺そうとするも捕まり、
クイルは捕まりそうになったら殺してくれと頼まれていたが殺せず。
結果的に殺せなかっただけで、彼女の願いを聞くために引き金は引いてましたけど。
そういう自分の行動もあって後悔が大きかったでしょうね。

残されたクイルたちはサノスを追うわけですが、タイタンでトニーたちと共闘することに。
最初は互いにサノスの部下だと思って戦ってましたけどね。

そして、ストレンジを中心にした戦いでサノスを追い詰めることになるわけですが、
ガモーラのことを知ったクイルが冷静さを失ったことでガントレットを奪うことが出来なかった。
トニーが最後まで抗うわけですがやられてしまい、
ストレンジは彼を守るためにストーンを渡すことを選んだ。

しかし、アイアンマンのスーツがすごい進化してましたね。
ナノマシンの力ということなんでしょうけど、あんなに色々と出来るようになったのな。
それでもサノスにかすり傷しかつけられなかったわけですが。
今後どうなるんだろう。
ワカンダでさらに知識を得て強化することになるのかね?
地球に戻れればの話だけど。
ただ、サノスはトニーのそれを呪いみたいに言ってましたよね。

残すはヴィジョンのストーンだけとなったサノスは地球に。
ロジャースたちが迎え撃つも圧倒的な力を前に為す術はない。
ただ、ワンダの力だけは対抗出来るのな。
ヴィジョンの願いを聞き入れてストーンを破壊することを選んだワンダ。
それはなされた。
なされたが、タイム・ストーンを手にしたサノスにそれはもう意味がなかった。
時間は戻されワンダの前でヴィジョンは二度死ぬことになる。
こんなのはやりきれんわなぁ。

全てのストーンを手にしたサノス。
そんな彼にソーが襲いかかるが、サノスを完全に止めるには至らなかった。
半分の人間が無作為に選ばれ消滅していくこととなる。

一体どういう結末になるんだろう。
この引き方は非常に続きが気になります。
ストレンジの見た一千万以上の可能性の未来から見つけた、たった一つの道。
それはこの結末の先にあるもののようですね。
それをトニーに託したみたいですけど、どういう未来を見たんだろうなぁ。
楽しみです。

今作では登場しなかったアントマンは単体作の方が次に来ているわけですけど、
時系列順だとこの後の地球になるのかね?
それとも、この話の少し前にあたる話なんだろうか?
ただ、レンタルして見ますけど、前作が微妙だったからあまり見る気になれなかったりも。

今作を見ていて思ったのは、
今作だけでも十分に楽しめるようにはなっていたけども、
今作は特にこれまでの作品群を見ているべきだと感じるものになっていたと思います。
見ていない作品を含めて、見直したいなぁ、本当に。
これの続きまでには見直しておきたいところです。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.