edit

仮面ライダージオウ #01

『キングダム2068』
平成仮面ライダーシリーズの20作品記念作品。
第10作の「仮面ライダーディケイド」と同じで歴代平成仮面ライダーとのクロスオーバー作品となる。

というわけで、そのディケイド以来久しぶりにちゃんと見ることにしました。

50年後の未来は魔王としてオーマジオウが世界に君臨していた。
そして、現代。
未来で魔王となるソウゴのもとにツクヨミたち未来の人間が現れる。
ジオウになることを殺しても阻止しようとするゲイツ。
穏便に阻止しようとしていたツクヨミ。
他にも未来を変えようとする者たちも。

状況を説明をしようとする中で恐竜に出会ったり、
侍たちがいる時代では喧嘩を仲裁しようとして川に落とされたり、
ビルドの戦兎、万丈と出会うことになったり。
ただ、二人は未来のことを知るべきじゃないとツクヨミに気絶させられてしまいましたが、
予告ではもう一度会って協力することになるみたいですね。
そんなビルドの力を悪用しようとしてる人もいるわけですが、
ビルド風の怪人であってビルドというにはいささか、という感じ。
今ひとつやりたいことがわからない。
死ぬはずだった人を助けて利用するみたいですけどね。
過去を変えようとはしてるみたいですけど、あれらで変わるものなのかな?

仮面ライダーになれるゲイツはどういう存在なんだろう?
彼はすでにゴーストの力を借りられるみたいですね。
どういう経緯でそうなったんだろう。

ツクヨミは未来の魔王とソウゴとの言動の違いが気になっているようですが、
魔王にしようとしているウォズの方も言動に引っかかるところがあるようですね。
魔王は魔王でも最低最悪にはならない、とジオウに変身することを選んだソウゴ。
しかし、王になるというのが将来の夢として持ち続けているのは、
どうしてなのか。
両親ではなくおじさんの家でお世話になっている、というのも気になるところですね。

やっぱりジオウのデザインはカッコよくないなぁ^^;
顔だけじゃなく、武器とかにもカタカナが入ってるのなw
剣に「ケン」って^^;

さてはて、今後どんな感じで話が進んでいくのか。
歴代平成仮面ライダーたちがどういう形で登場するのか楽しみですね。
ディケイドと同じように一部は別の方が演じることになるのかなぁ。
今度はオリジナルの人が演じてほしいと思ったり。
無理でしょうけどね^^;

常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ:奥野壮
明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ:押田岳
ツクヨミ:大幡しえり
ウォズ:渡邊圭祐
ウール:板垣李光人
オーラ:紺野彩夏
スウォルツ:兼崎健太郎
常磐順一郎:生瀬勝久

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.