edit

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

7月29日に放送されたものを見ました。
2015年に公開されたトム・クルーズ主演のシリーズ5作目となる映画。
PVとかで流れていた輸送機に掴まるシーンは冒頭の話だったのな。

今回は謎の犯罪組織であるシンジケートとの攻防。
その中でIMFの解散があったりとしたわけですが、
イーサンのすることは変わらず。

データを書き換えのときのベンジーの信頼が重いw
あんな風に言われたら無理だとは言えんよなぁ^^;
さすがに一度ほぼほぼ死ぬということになるしね。
ていうか、本来のデータと偽物のデータはどっちがどっちかは賭けだったんですよね?
よく引き当てたなぁ。

その後の展開が面白かったですね。
さすがに死にかけた直後だけあって、珍しくずっこけたりも。
そこからカーチェイスが始まるわけですけど、バイクのシーンがよかった。
膝当てがなくて熱くなって少し離したりというのもよかった。
で、最後はイルサをひかないように自分が倒れるというね。
イーサンがそういう人物だとわかっての行動とはいえ、怖すぎるでしょうに。

そんなイルサはMI6に利用されるだけ利用されて捨てられるというね。
信頼を失うような行動をとったことは事実とはいえ、
そんなことは上司には関係がなかったんですね。
彼がシンジケートを生み出したきっかけだったのな。

首相は中止にした計画を勝手に始め、自分の手から離れた。
それを止めるためにイルサを利用していたんですね。
首相から情報を聞き出す時の展開はだろうね、という感じでしたね。
イーサンなんだろうな、と思っていたら案の定だったけど、
彼が話したその真実には呆れたねぇ。
で、IMFの存在に反対していたCIA長官も真実を知って考えを変えることになったりと、
うまく運んでましたね。

レーンとの最後は最初の仕返しという形になってましたね。
そういう決着なのかと面白かった。

トラックバック

TB*URL

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション (2015)

冒頭から、いきなり、飛び立とうとしてる飛行機に飛び移り、の荒業。シェーッ!スパイものは、今は、このスピード感と、見せ場の連続になっているのですね。再認識。華を添えるレベッカ・ファーガソンも、なかなか魅力的でした。ハラハラ・ドキドキ、手に汗握り、トム・クルーズ様の体当たり演技を堪能    (解説)トム・クルーズの代名詞ともいえる大ヒットスパイアクション「ミッション:インポッシブル」のシリーズ第...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.