edit

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 #01

『魔王演技』
原作はむらさきゆきやさんによる小説で未読です。
ただ、コミカライズしたものを読んでいます。
読んではいるけれども、どうなんだろう?と思いながらというところですね。
話が進んでいる感じがあまりしないのも、今ひとつに感じるところかな。

感想はどうしようかと、そもそも見るのもどうしようかと考えてましたが、
まぁいいや、って感じで見て感想を書くことにしました。
どの辺りまで進むのかな?

というわけで、引きこもってやり込んでいたゲーム。
そのゲームでプレイヤーキャラクターでありながら魔王として恐れられる存在となっていた彼は、
ある日、そのゲームの世界とよく似た世界にゲームのキャラであるディアヴロとして召喚された。

目の前には二人の少女。
彼女らに召喚され隷従の儀式が行われた。
が、それは彼が持っていたアイテムによって反射され二人に隷従の首輪がつけられることとなる。

というわけで、コミュニケーション力が全く無いディアヴロ。
一人には慣れているものの、話すことが出来ない。
ただ、ゲームの頃にしていた魔王プレイによって、
魔王っぽい喋り方ならコミュニケーションがなんとかとれることに。
そのために誤解されることだったりもありつつ、というところですが、
ゲームでの力はそのまま使えることがわかり、大分余裕があったり。

そんな中で召喚した少女の一人である獣人のレムが抱える事情を知って、
彼女を安心させたりも。
押し倒したりもしてましたけどね。
その状況に押し倒した方が焦るというね。

一方でエルフのシェラはただならぬ声を聞いても、
関わらないように食事を続行したりも。
マイペースというかなんというか。
ディアヴロは彼女の胸に釘付けになってましたね。

ディアヴロ:水中雅章
シェラ・L・グリーンウッド:芹澤優
レム・ガレウ:和氣あず未
アリシア・クリステラ:原由実
シルヴィ:大久保瑠美
エデルガルト:加藤英美里
クルム:種崎敦美
メイ:森嶋優花
セレスティーヌ・ボードレール:千本木彩花
エミール:置鮎龍太郎
キイラ:石田彰
ガルフォード:大塚明夫

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad