edit

花のち晴れ~花男 Next Season~ #10

『最終決戦 愛とプライドを賭けた武道大会!F4の西門も』
武道大会に向けて特訓を始めた晴。
その前にはきちんとけじめをつけるためにめぐみに謝罪も。
けれど、めぐみの方は負ければ自分の可能性は残っているのだろうから別れない、と。

ただ、晴を応援出来ない、ということだけど、それで本当にいいのかね。
さらに父親も微塵も勝てると思っていないことを聞かされてね。

音の方は自分の気持ちに蓋を閉めることに。
天馬を応援するのだと。
亜里沙からは間違ってると言われたりもしてましたけどね。
それでも、自分は後回しでいいのだと。

周りには外堀を埋められてもいるしねぇ。
それに素直に喜べていない時点で、という話でもある。

武道大会の助っ人として西門が登場。
弓道を教えられる人がおらずで、一茶が頼ったみたいですね。
家元仲間、ということで繋がりがあったらしい。
それを知った晴は独り占めしてたのか、と。
その反応はめんどくさいなw

そんな西門からの質問に晴は本当の理由をちゃんと話しましたね。
そんな晴だからこそ、西門も興味を持ち協力することを選んだ。

愛莉が怒ってましたね。
音もめぐみも傷つけている。
自分も好きだったからこそ、それが許せなかった。
けれど、真っ直ぐに気持ちを固めた晴をしっかりと背中を押しましたね。
鈍い音のする頭突きはしてましたが^^;

弓道の練習で練習場所がかぶることに。
音が晴のことばかりを目で追ってましたね。
そのことに愛莉と西門は気づくことに。
西門の方は今の気持ちを大事にしろ、と晴に。
愛莉の方は納得できない感じですね。
直接話しても忘れて、とか言われるしねぇ。

西門の方は音にも話をするわけですが、似たものを感じて、また興味を持ってましたね。
そんな西門からあきらの名前も出てきましたが、登場するのかな?

晴の他の種目の状況を聞いた西門はどこかへ連れて行ったみたいだけど、
何だったんだろう?

そして、武道大会が始まる。
一日目は柔道。
瞬殺、という言葉がぴったりな負け方でしたね。
なんとかしようとはしたものの、実力差が大きすぎてどうにもならず、
という感じでしたね。
さらに悪いことに手を変についてしまったことで負傷。

二日目以降どうなるのかねぇ。

江戸川音:杉咲花
神楽木晴:平野紫耀
馳天馬:中川大志
平海斗:濱田龍臣
西留めぐみ:飯豊まりえ
真矢愛莉:今田美桜
成宮一茶:鈴木仁
栄美杉丸:中田圭祐
江戸川誠:反町隆史
メイド頭・タマ:佐々木すみ江
秘書・西田:デビット伊東
紺野亜里沙:木南晴夏
馳美代子:堀内敬子
馳一馬:テット・ワダ
小林孝蔵:志賀廣太郎
馳利恵:高岡早紀
神楽木巌:滝藤賢一
江戸川由紀恵:菊池桃子

トラックバック

TB*URL

花のち晴れ~花男 Next Season~ (第10話・2018/6/19) 感想

TBS系・火曜ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(公式) 第10話『最終決戦愛とプライドを賭けた武道大会!F4の西門も』の感想。 なお、原作:神尾葉子「花のち晴れ~花男 Next Season~」(集英社)は未読。 晴(平野紫耀)が好きだと気付いたものの、その思いに蓋をして天馬(中川大志)と向き合うと決めた音(杉咲花)。紺野(木南晴夏)...

花のち晴れ~花男 Next Season~ 第10話

花のち晴れ~花男 Next Season~の第10話を見ました。 音をめぐり、愛とプライドを賭けた武道対決に晴と天馬は挑むことになる。 圧倒的に不利な晴にF4の西門が弓道の極意を指南することになるのだった。 「バッカじゃないの?だから最初から愛莉は音だって言ってたのに!メグリンを…周りの人をみんな傷つけて最終的に音のために賭け?何よ、人をモノみたいに!?信じらんない!それが...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.