edit

ブラックペアン #07

『隠蔽を許すな!親友の命とペアンの謎!!』
木下は元看護師だったのな。
医師のミスを自分の責任にされた。
そして、今回の患者は医師のミスを知っていたのに、
保身のために話さなかった、話せなかった看護師だった。

そんな中で渡海が帝華大に行ったりもしたわけですけど、
東城大の情報を流してる相手の証拠を掴んで戻ってくることに。
院長がしてたのな。
クズすぎるだろ。
あんなの居座らせてるほうが問題が出てきそうだと思うけど、
渡海の給料を自腹で出させることで黙ってるのかね?
隠蔽体質は下にも引き継がれていたりもするわけだしね。

で、佐伯は追い詰められることになるみたいですね。
東城大に残ってる資料は急いで処分してましたけども、
遅かったみたいですね。

渡海征司郎:二宮和也
世良雅志:竹内涼真
花房美和:葵わかな
黒崎誠一郎:橋本さとし
藤原真琴:神野三鈴
猫田麻里:趣里
垣谷雄次:内村遥
関川文則:今野浩喜
横山正:岡田浩暉
田口公平:森田甘路
速水晃一:山田悠介
島津塔子:岡崎紗絵
北島達也:松川尚瑠輝
宮元亜由美:水谷果穂
新井美緒:原アンナ
篠原健一:丸一太
福本真人:渋江譲二
守屋信明:志垣太郎
渡海一郎:辻萬長
渡海春江:倍賞美津子
木下香織:加藤綾子
池永英人:加藤浩次
西崎啓介:市川猿之助
高階権太:小泉孝太郎
佐伯清剛:内野聖陽

トラックバック

TB*URL

ブラックペアン (第7話・2018/6/3) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『ブラックペアン』(公式) 第7話『隠蔽を許すな!親友の命とペアンの謎!!』の感想。 なお、原作の海堂尊「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)は既読。 ※[読書] ブラックペアン1988 新装版 (海堂 尊/著・講談社) 感想 西崎(市川猿之助)から高額を提示された渡海(二宮和也)が、帝華大学病院に移籍した。そんな折、...

ブラックペアン 第7話

渡海(二宮和也)が、西崎(市川猿之助)のいる帝華大学病院に引き抜かれます。 西崎の狙いを高階(小泉孝太郎)が不審がる中、手術支援ロボット・カエサルを推進する厚生労働省の富沢(福澤朗)が、佐伯(内野聖陽)のいる東城大学病院に1人の患者の治験を持ち掛けます。 カエサルの治験にぴったりの症例と言う患者・山本祥子(相武紗季)の情報を富沢が知り得たのは、患者のリストを誰かが持ち出したからで...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.