edit

ダーリン・イン・ザ・フランキス #17

『楽園』
9'sがヒロたちのもとに。
パパたちは気にかけている、という彼らの言葉にみんなは安心した。
そして、今の状況はパパたちの意思ではないとも。

ヒロに生え始める角。
血を取り込んだからか、一緒にフランクスに乗り続けた影響か。
ヒロは人ではなくなろうとしているみたいですね。
ただ、叫竜の姫の感じだとそれは本当のことなのやらね。

ココロが落とした出産についての本を9'sが見てしまう。
自分たちが教えられていないことばかりが書かれている、と。

そして、ココロはミツルへの興味をつのらせていく。
男女の体の違いには意味がある。
重なり合うことに意味があるんじゃないか。

ただ、急に迫るココロにミツルの心が追いつけていないようですね。
でも、ヒロと話をすることで自分の気持ちに気づけた。
ココロが好きなのだと。

ただ、見てしまったゾロメがみんなに言ったり。
9'sがココロに話を聞こうとしたり。

ゾロメから聞かされたことに関しては、
フトシはなんとか飲み込んだみたいですね。
ココロが幸せなら、と。

が、9'sはココロの想いを踏みにじった。
赤ちゃんを作りたい。
未来に何かを残したいという想いを。
そうやってこれまで人は命をつないで来たのだから。

そんなものは不要だ、気持ち悪い、と。
その言葉に一番感情を荒げたのはイクノだった。
意外な感じがありましたけど、彼女が何を思ってるのか、というのが
あまり描かれてませんからね。
どういう思いがあるのかというのが気になるところですね。

ナナとハチ。
ナナは色々と忘れさせられてることがあるみたいですね。
それがヒロたちの生活を監視する中で呼び覚まされつつあるようで。
ハチはナナを守ろうとしてるみたいですけど、どうなるのかな?
フランクス博士の方は邪魔は入ったものの、実験は悪い状況ではないみたい?
ココロの変化としては予想以上の成果みたいですね。

そして、ココロとミツルは体を重ねる。
互いの想いを伝えて。

叫竜の姫が伝えたこととは。
そして、彼女が自分の前に現れた人間たちに人のフリをしている、と。
そんな彼女の選択は滅びだとパパたちは言う。

ヒロ:上村祐翔
ゼロツー:戸松遥
ゴロー:梅原裕一郎
イチゴ:市ノ瀬加那
ゾロメ:田村睦心
ミク:山下七海
フトシ:後藤ヒロキ
ココロ:早見沙織
ミツル:市川蒼
イクノ:石上静香
ナナ:井上麻里奈
ハチ:小西克幸
フランクス博士:堀内賢雄
主席:玄田哲章
副主席:飛田展男
ナオミ:小清水亜美
081:星野貴紀
090:古川慎

トラックバック

TB*URL

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第17話 「楽園」

 このたびの冒頭ポエムはイクノが担当しました。ただし話のメインはココロでサブはミツル。イクノの出番はだいぶひかえめで、イチゴやゴローよりはマシというレベルでした。  ゼロツーはイクノとミクにてつだってもらってツノの手入れをし、花のカチューシャで頭をかざります。これ全部ヒロにかわいいっていってもらいたいがためなんですぜ。まったくヒロとゼロツーには幸せになってもらいたいものです。 ...

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第17話 『楽園』 ココロ、思春期どころか発情期を迎えちゃったの巻。

大人の階段を猛ダッシュで駆け上がって行きます。「はじめての出産」の影響力は絶大ですね。  前兆。植物園での逢引を「無くなるのは寂しい」とミツルが同意したところからココロ燃え上がっちゃいます。男女の体の違いに興味をもつのはともかくミツルをまさぐりだす。思わず振り払ってしまうミツルですが、別にココロが嫌いなんじゃなくてビックリしたんでしょうね。 ナインズの告発。様子見というか冷やかしに...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.