edit

シグナル 長期未解決事件捜査班 #04

『死のバス 連続殺人衝動の結末!時を超えた奇跡とは』
父親がクズすぎるだろ。
罰は十分受けた。
みんな忘れていた。
どこがだよ、って話でね。
最後に被害者の写真を拾い上げていたのが余計にイラッとしたねぇ。

犯人の方は微塵も反省しそうにないしなぁ。
三枝からの話で犯人がわかって大山が向かったことで、
犯人は自分で飛び降りをはかった。
それで足が動かなくなったらしいけど、自業自得以外の何ものでもないからどうでもいい。

大山はみどりを救うことが出来なかった。
けれど、二人が残した証拠が現在で犯人を捕まえるにいたる。
大山の時代では技術の関係で証拠が証拠とならなかったのな。
それでも、犯人が捕まったことで大山は前を向くことが出来たみたいですね。
でもなんで、あんなに気にかけるような関係になったんだろう?

次回は過去を変えることで悪い状況になってしまうみたい?
お兄さんの事件とは別なのかな?

三枝健人:坂口健太郎
大山剛志:北村一輝
桜井美咲:吉瀬美智子
山田勉:木村祐一
小島信也:池田鉄洋
安西理香:青野楓
加藤亮太:神尾楓珠
岩田一夫:甲本雅裕
中本慎之助:渡部篤郎

トラックバック

TB*URL

シグナル 長期未解決事件捜査班 (第4話・2018/5/1) 感想

関西テレビ制作・フジテレビ系・『シグナル 長期未解決事件捜査班』(公式) 第4話『死のバス連続殺人衝撃の結末!時を超えた奇跡とは』の感想。 なお、原作の「シグナル」(韓国ドラマ)は未見。 大山(北村一輝)に情報を伝えた健人(坂口健太郎)は、固唾をのんでみどり(佐久間由衣)の事件の捜査資料を見守るが、変化は起きない。一方の大山は、顔見知りのみどりが次の...

シグナル 長期未解決事件捜査班 第4話

1997年に繋がった無線で、健人(坂口健太郎)の話を聞いた大山(北村一輝)は、次の被害者が顔なじみのみどり(佐久間由衣)だと知り、激しく動揺します。 健人から「事態を変えられるのは、あなただけだ」と言われた大山は、必死でみどりを捜し回りますが・・・ 2018年の健人は、事態が好転するのを待ちますが・・・ そんな中、長期未解決事件捜査班は、連続殺人事件の被害者が乗っていた路線...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.