edit

シグナル 長期未解決事件捜査班 #03

『変化する過去!殺人の連鎖!再び動き出した凶悪犯』
三枝が大山に事件のことを伝えたことで過去が変わった。
そのことを覚えているのは三枝だけ。

助かった女性はお腹の中の赤ちゃんを生むことが出来た。
すでに亡くなっていた。
旦那さんは警察が執拗に聞きに来て思い出させたからだ、と恨んでいた。
ただ、娘には大山のことを伝えていたみたいですね。

そして、事件は再び動き出す。
過去ではその後の被害者の日付が早まっていた。
現在では新たな犠牲者が。

バスの路線が犯人に繋がるのではと考えた。
それは当たっていて、事件が早まったのは口封じのためのものだった。
そして、捜査が再開したことを知った犯人は殺人を再び犯す。

話を聞いていた女性は犯人を知っていて、
バスの運転手がそれだったんでしょうね。
犯人を知っていたというか共犯者的なものだったんかな?

三枝は事件を止めるために大山に犯人を捕まえるチャンスを伝えた。
残る一件の事件を伝え止めさせるために。
そして、三枝が大山に伝えた次の事件の被害者は大山が気にかけている女の子だった。
そんなことだろうな、とは思っていましたが、大山は助けられるのかな?

三枝健人:坂口健太郎
大山剛志:北村一輝
桜井美咲:吉瀬美智子
山田勉:木村祐一
小島信也:池田鉄洋
安西理香:青野楓
加藤亮太:神尾楓珠
岩田一夫:甲本雅裕
中本慎之助:渡部篤郎

トラックバック

TB*URL

シグナル 長期未解決事件捜査班 (第3話・2018/4/24) 感想

関西テレビ制作・フジテレビ系・『シグナル 長期未解決事件捜査班』(公式) 第3話『変化する過去!殺人の連鎖!再び動き出した凶悪犯』の感想。 なお、原作の「シグナル」(韓国ドラマ)は未見。 健人(坂口健太郎)は21年前の連続殺人事件の捜査資料の異変に驚くが、美咲(吉瀬美智子)らは気付かないようだ。健人は交信で情報を得た大山(北村一輝)が被害者を救出した...

シグナル 長期未解決事件捜査班 第3話

1997年に起きた、女性7人が被害に遭った連続殺人事件を再捜査する健人(坂口健太郎)は、大山(北村一輝)と8年ぶりに無線で言葉を交わしました。 無線は1997年に繋がっていて、大山は女性連続殺人事件の捜査の最中にいたのでした。 最初こそ、健人の言葉が信じられない大山でしたが、無線で聞いた通りの場所で襲われた女性を助けることができて、犯人を逮捕することができたことから、事件のことを...

シグナル 長期未解決事件捜査班 「変化する過去!殺人の連鎖!再び動き出した凶悪犯」

黒板の文字が、微妙に揺れて変化。そして、プロファイラーとして警視庁に戻ってきた三枝健人(坂口健太郎)2018年から、1997年の大山剛志(北村一輝)と無線が繋がり、状況が変化したことがサプライズでした。結果、殺されるはずだった5人目の被害者に関する捜査資料の文字が、“遺体発見”から“未遂”に変わり、残り2人が殺害された日時や犯行現場もなぜか変わってしまったのでした。刑事としての自信を失いかけ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.