edit

anone #10 最終回

『衝撃の最終回!全ての物語はこの結末のために』
アノネさんは捕まり、家に残ったハリカも鑑別所へ。
そこでかつての友達と再会したりもしたわけですが、
ハリカの支えになったのは彦星くんからの手紙だった。
ハリカの嘘を受け入れて生きることを選んだ、と。
そして、今度は自分が外の世界について伝えていく、と。

彦星くんは最新医療での効果があったようですね。
安心したハリカですが、それを最後にもう会うつもりはない、と。

鑑別所で青羽が自首をしたこと、持本が亡くなったことを知る。

鑑別所から出たハリカは中世古を探し始める。
ハルトとの連絡をとろうとしているとわかり、
両替機の存在を教えて直接話をすることに。

中世古は自首をする前にハルトくんの真実を嘘に変えた。
その責任を自分が背負うことを選んだ。
ただ、ハリカが止めなければ自首ではない方法をとるつもりだったようですが。

そして、再会へ。

青羽が見える幽霊はアオバから持本へ。
というか、アオバは姿を見せないだけで今でもどこかにはいるのかな?

そんな四人の最後はよかったと思います。
ハリカは自分の意志で一人になることを選んだ。
帰ってこられる場所があるから安心して一人になれる。
アノネさんとしては寂しさはあるようですが、娘を送り出すようですね。

四人だけを見るとそこまで悪くなかったと思うんですけどねぇ。
全体としてはちょっとね、という感じでした。

辻沢ハリカ:広瀬すず
青羽るい子:小林聡美
持本舵:阿部サダヲ
中世古理市:瑛太
花房万平:火野正平
林田亜乃音:田中裕子

トラックバック

TB*URL

anone 最終回「衝撃の最終回!全ての物語はこの結末のために」

ハリカ(広瀬すず)の恋がそれなりの形になり、疑似ファミリーから、自立の道を選んだ、という意味では、ハッピーエンドな要素がありますが、これまた、ちょっとモヤモヤ個人的には、舵(阿部サダヲ)を看取る決意をしたるい子(小林聡美)は、温泉宿に逃亡。その結果、舵が、幽霊になって、みんなを見守る、ってオチは好きだったかな?警察に追われる理市(瑛太)は、陽人(守永伊吹)が火事の記憶をたどり罪悪感を感じ始め...

anone (第10話/最終回・2018/3/21) 感想

日本テレビ系・水曜ドラマ『anone』(公式) 第10話/最終回『衝撃の最終回! 全ての物語はこの結末のために』の感想。 亜乃音(田中裕子)は警察に事情聴取されることになる。理市(瑛太)は、陽人(守永伊吹)と会話した直後に姿をくらませていた。その頃、るい子(小林聡美)は具合の悪い舵(阿部サダヲ)と温泉地へ。互いの気持ちに気付いた2人は、一緒にいようと決める...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad