edit

海月姫 #07

『一発逆転!謎の男の怪しい誘惑!?君がほしい』
千絵子のお母さんが天水館に。
契約が進められてしまうということで、権利書を隠していた。
ただ、それも服の方に集中していたところで稲荷たちに見つかってしまうことに。
時間稼ぎも出来なくなった中でどうするのかね。

服の方はあまり上手くはいかず。
クラゲをイメージしたワンピースはハッキリとダサいと言われたり。

そんな中での修とのデート。
すぐにデートじゃなくなってましたが、蔵之介たちとのやり取りの中で
イメージが膨らむことに。
綺麗なクラゲにも毒がある。
というわけで、ワンピースはクラゲの持つ毒をテーマにすることに。

それらを手に出店するものの上手くはいかない。
けれど、一人の男性の目に留まり状況は一変する。

手広くやってる社長さんで今は日本に力を入れているらしい。
そんな彼が提示したのは3億円。
ただし、それは受け入れるには少々難ありな条件だった。
月海の方はよくわかってなかった感じがありますね。
蔵之介は止めようとするだろうけど、月海本人はどう考えるんだろうねぇ。

修は蔵之介のお母さんに直接会って話をしたりも。
頼まれたけど、どうしようもないよねぇ^^;

倉下月海:芳根京子
鯉淵蔵之介:瀬戸康史
鯉淵修:工藤阿須加
ジジ様:木南晴夏
ばんばさん:松井玲奈
まやや:内田理央
千絵子:富山えり子
稲荷翔子:泉里香
佐々木公平:安井順平
花森よしお:要潤
鯉淵容子:床嶋佳子
倉下深雪:小雪
鯉淵慶一郎:北大路欣也

トラックバック

TB*URL

海月姫 「一発逆転!謎の男の怪しい誘惑!?君が欲しい」

鯉淵修(工藤阿須加)から告白された倉下月海(芳根京子)は、心ここにあらず。でも、ジジ様(木南晴夏)の生産管理も様になり『ジェリーフィッシュ』のドレスは順調に出荷されていく中、千絵子の母、千世子(富山えり子・二役)が現れ“尼~ず”たちに立ちはだかります。けれど、一人の男性の目に留まり状況は一変。月海の存在と才能込で、商品を、3億円で買いたい、という人物が現れて…どうなるんでしょうね。月海を巡る...

海月姫 (第7話・2018/2/26) 感想

フジテレビ系・月9『海月姫』(公式) 第7話『一発逆転!!謎の男の怪しい誘惑…君がほしい!?』の感想。 なお、原作:東村アキコ「海月姫」(講談社「Kiss」所載)は既読で、2014年12月27日公開の監督・川村泰祐/主演・能年玲奈の映画『海月姫』は鑑賞済み(感想なし)。アニメは未見。 修(工藤阿須加)から結婚前提に付き合いたいと手紙で告白された月海(芳根...

海月姫 第7話

修(工藤阿須加)から告白された月海(芳根京子)は混乱し、蔵之介(瀬戸康史)に電話で報告していました。 修に事情を聴こうとした蔵之介は、修が月海にプロポーズをしようとしていることを知って、一人で突っ走ろうとしている修を諫めていました。 一方、月海たち「尼~ず」が暮らす天水館では、彼女たちが立ち上げたブランド「ジェリーフィッシュ」のドレスが順調に出荷されていました。 そこへ、月...

海月姫 第7話

海月姫の第7話を見ました。 修から告白された月海は大混乱するも“尼~ず”に相談出来ず、蔵之介に電話する。 話を聞いた蔵之介はどういうつもりで言ったのかと修に尋ねると交際を求めているのではなく、月海にプロポーズしようと思っていると突っ走ろうとしていた。 いきなりそんなことをしたら月海がどうなるかわからないと、蔵之介は修を諌めるのだった。 「なんか、この気持ち抑えられなくて…...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.