edit

BG~身辺警護人~ #06

『元総理を守れ!別れた妻と再会』
警護対象から外された元総理大臣からの依頼。
誰かに狙われている、と訴えてもSPが警護の延長を了承しなかったためだった。
にしたって、あてつけのようなやり方ばかりでしたね。

真実は孫娘の父親が連絡をとったり、会う約束をしていただけだった。
自分を狙っていると思っていた心当たりに関しては、
10年前にすでに亡くなっていたというね。
その現実を落合が突きつけることに。
村田に借りがあるようで、頼まれたらなんだかんだで断れないようですね。

その村田が警察を辞めたのは発砲をしたことがきっかけ。
で、自分の代わりにとかいったりしていたわけで、
何で村田は身代わりになったんだろうかね?

自分には合っていない、という風に思うのは未練があるからじゃないか、と
自分の経験で島崎は話したりも。
今の仕事に充実しているのは嘘ではないようですね。

そして、次の仕事は島崎の元奥さんの警護。
誰かに狙われている、という相談を受けていたわけで、
今回の一件でより心配になって会うことに。
瞬に関してはあれやこれやと言ってたけど、お父さんを心配して一緒にいてくれていたみたいですね。
で、元奥さんはまさかの山口智子さんというね。
この二人が共演ってすごいなぁ。
元奥さんは何から狙われているのやら?

島崎章:木村拓哉
落合義明:江口洋介
高梨雅也:斎藤工
菅沼まゆ:菜々緒
沢口正太郎:間宮祥太朗
立原愛子:石田ゆり子
村田五郎:上川隆也
今関重信:永島敏行
氷川修:宇梶剛士
清田春孝:阿部進之介
河野純也:満島真之介
島崎瞬:田中奏生

トラックバック

TB*URL

BG~身辺警護人~ 第6話

元内閣総理大臣の鮫島匡一(橋爪功)から警護の依頼無言電話、怪しい影に悩まされてるものの、政府の決定でSP警護は終了に村田(上川隆也)とともに鮫島の警護にあたることになった章(木村拓哉)は、鮫島の家の門柱に小石が4つ乗せられているのを発見。何らかのサインを感じます。民事党幹事長・五十嵐映一(堀内正美)の古稀を祝う会に出席する鮫島に同行した章たちは、そこで五十嵐の元秘書・植野(萩原聖人)が襲撃に...

BG~身辺警護人~ (第6話・2018/2/22) 感想

5年D組/テレビ朝日系・『BG~身辺警護人~』(公式) 第6話『元総理を守れ!別れた妻と再会』の感想。 章(木村拓哉)たちに元首相・鮫島(橋爪功)から依頼が入る。首相経験者にはSPが付くが、政府がもう要人ではないと判断し、警護が終了したのだ。しかし、鮫島は章と村田(上川隆也)に、在任中の襲撃事件の犯人に再び命を狙われていると訴える。一方、まゆ(菜々緒)...

BG~身辺警護人~ 第6話

章(木村拓哉)たちの会社に元首相・鮫島(橋本功)から、警備の依頼が入ります。 通常、総理経験者には警視庁警備課(SP)が付きますが、政府の決定でSPの警護が終了してしまいました。 村田(上川隆也)と共に鮫島の警護に当たることになった章は、鮫島の家の門柱に小石が4つ乗せられているのを発見します。 鮫島は、首相在任中に恨みを抱いた者たちの報復だろうと話します。 党幹事長・...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.