edit

魔法使いの嫁 #18

『Forgive and forget.』
さっそく遊びに来たステラ。
初めて出来た友達に戸惑いながらも、チセはステラから色々と学んでいく。
が、同じくらいの年齢かと思ってたらしいけど、ステラは10歳だったというね。
しっかりしてるから同じくらいの年齢だと思ったってことなのかな?
見た目的には10歳相応だと思うけどね^^;

ただ、そんな中でエリアスは一人外へ。
それが気になりチセはすぐに追いかけた。
逃げるエリアスに追いつけないとわかると狼に姿を変えることで追いついた。
が、エリアスは自分を飲み込んでしまう。
他に渡さないために。

エリアスにとっては初めての嫉妬。
その気持ちの整理がつかず、どう処理していいのかわからない中でチセを取り込もうとし始める。
誰かから杖を渡してもらったチセはルツへの合図を。
そして、近くまで来たルツはチセに杖を渡した女の子に影を見つけやすくしてもらう。
雪を溶かしていたけど、春の女神っていうのが彼女なのかな?
母親にしてもらったお礼を、ということだったらしい。

チセは自分を傷つけようとしてエリアスのわがままを止めた。

いつの間にか関係が逆転していた二人。
父と子のような関係が、母と子のような関係に。

そんなエリアスへの子守唄に魔法が乗ってしまい目を覚まさなくなる。
どうしたらいいのか、とアンジェリカに相談に。
そこで聞かされたのは彼女と家族のこと。
旦那さんは遺してしまうアンジェリカに申し訳なく思ってるようですね。
彼女がなかなか縦に首を振らなかった理由が一緒にいる時間が長くなることでわかっていく。
ただ、アンジェリカさんは寂しさ、辛さはあるでしょうけど、
その選択に後悔はしないんじゃないかと思うけど。

そんなこんなでエリアスは目を覚ましたわけですが、
口の開け方が容赦なかったですねw

成長していく二人。
けれど、穏やかな時間は短い。

チセの周りで大きく動き始めたカルタフィルス。
管理者であるリンデルの目の前で子竜を連れ去り、
ステラにも何か仕込んだようですね。
灰の目がチセとの関係を教えた感じだったようで。

羽鳥チセ:種﨑敦美
エリアス:竹内良太
ルツ:内山昂輝
シルキー:遠藤綾
アンジェリカ:甲斐田裕子
サイモン:森川智之
セス:諏訪部順一
リンデル:浪川大輔
レンフレッド:日野聡
アリス:田村睦心
ティターニア:大原さやか
オベロン:山口勝平
カルタフィルス:村瀬歩

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad