edit

もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~ #04

『入れ墨執事に恋!?姉ご乱心のキス&父豆まき暴投』
楠木の背中の入れ墨は家族に反発してのもので、
悪い人たちとの付き合いとかはないと確認した上で雇っていた。
ただまぁ、楠木と知晶がキスをしたというのは見過ごせない。

というわけで、知晶のお見合い話が進められることに。
相手を知らないということで秀作は知らないで出会った、
という形にして近づいてもらったりも。
ただ、相手は惚気話を聞かされたことでお見合いはなかったことに。

そんなこんなで博文が力技で終わらせることに。
楠木に電話で知晶への想いを言わせた。
酷なことするなぁ。
やってしまったとわかったから博文も付き合ったようですけども。

しかも、楠木の実家はお見合い相手よりもお金持ちだったとか。
なのに何で執事になろうと思ったんだろう?
家業も大きくいえばサービス業なわけだしねぇ。
自分で仕事を選びたかった、ということなんでしょうかね。

そんなこんなで失恋した知晶の頑張りを暖かく見守る秀作。
プライドゆえなんでしょうけど、そんな無理をしなくてもいいと思うけどねぇ^^;
で、姉の心配をしていたら、博文に想い人を横取りされそうに。
博文はわかってて狙ったっぽいですね。

そんな二人のバトルが次回行われるようですね。

北沢秀作:山田涼介
北沢知晶:波瑠
北沢博文:小澤征悦
尾関光希:小瀧望
池江里子:恒松祐里
手毛綱美鎖夫:児嶋一哉
楠木松也:千葉雄大
小岩井凛治:浅野和之
北沢泰蔵:中村梅雀

トラックバック

TB*URL

もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~ (第4話・2018/2/3) 感想

日本テレビ系・土10ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』(公式) 第4話『入れ墨執事に恋!?姉ご乱心のキス&父豆まき暴投』の感想。 秀作(山田涼介)は、知晶(波瑠)が自分よりも執事見習いの楠木(千葉雄大)をかわいがっていることに不安を覚える。そんな中、楠木の‘秘密’を目撃した秀作は、逆に想定外の告白をされて混乱する。一方、泰蔵(中村梅雀)は...

もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~ 第4話

家族のために体を張って来た秀作(山田涼介)ですが、その努力のかいもなく、智晶(波瑠)が自分より執事見習いの楠木(千葉雄大)を大事にしていることが気になっていました。 その智晶が、泰蔵(中村梅雀)が持って来たお見合いの話を断り、今、気になっている人がいると宣言してしまうのでした。 秀作は、それが楠木ではないかと不安になります。 そんな中、楠木の背中に鯉の入れ墨があるのを目撃し...

【もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~】第4話 感想

姉さんは昔から頭が良過ぎて損をして来た人だ。…あいつに 「タイプの女性です」と言わせるだけの破壊力を持った口づけになったかもしれないのに……。そん…

もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~ 「入れ墨執事に恋!?姉ご乱心のキス&父豆まき暴投」

それにしても、楠木(千葉雄大)の入れ墨姿は、意表をついていて笑えました。そして、知晶(波瑠)とキスした告白姉の恋を応援しようと思う秀作(山田涼介)。健気だったのでした。      (ストーリー)家族のために体を張ってきた秀作(山田涼介)だったが、その努力の甲斐なく、知晶(波瑠)が自分より楠木(千葉雄大)を大事にしていることを気にかけていた。その知晶が泰蔵(中村梅雀)の持ってきたお見合い話を断...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad