edit

博多豚骨ラーメンズ 8/木崎ちあき(著) 読了

博多豚骨ラーメンズ 8/木崎ちあき(著)2冊に分けず、1冊でまとめた方がよかったんじゃ?
と思わなくなかった。

関連記事
博多豚骨ラーメンズ 4/木崎ちあき(著)
博多豚骨ラーメンズ 4/木崎ちあき(著) 読了(ネタバレ注意)
博多豚骨ラーメンズ 5/木崎ちあき(著)
博多豚骨ラーメンズ 5/木崎ちあき(著) 読了(ネタバレ注意)
博多豚骨ラーメンズ 6/木崎ちあき(著)
博多豚骨ラーメンズ 6/木崎ちあき(著) 読了(ネタバレ注意)
博多豚骨ラーメンズ 7/木崎ちあき(著)
博多豚骨ラーメンズ 7/木崎ちあき(著) 読了(ネタバレ注意)
博多豚骨ラーメンズ 8/木崎ちあき(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
これで終わりだと思ってたんだけどねぇ。
まだしばらく続くのか、というのが正直なところ。

というわけで、父親の仇と対峙して大怪我を負った馬場。
何があったのか、というところは重松が林に話したトラウマではなく、
殺したいという今までにない感情を抑えつけた結果、体が動かなくなって、
ということだったらしい。
自分は殺し屋であって人殺しではない、というところから来てるようですが、
正鷹はいい加減認めろ、と。
人殺しは人殺しなんだということを。
そして、今しようとしてることは父親の仇討ちではなく、
自分のためなんだということを。

さすが師匠という感じでしたね。
で、榎田が焚き付けたりして、林がてんやわんやしてましたが、
最後は自分がしてもらったように馬場を助けたりも。

ジローには内緒でメケと会っているミサキが馬場を手伝ったりも。
馬場にちゃんと話すように言われてましたが、
ジローはどういう反応になるやらねぇ。

林のおかげもあって別所への復讐を成し遂げたわけですが、
彼自身が目的があって父親を殺したわけではなかった。
依頼での殺人でしかなかった。

その依頼相手は一度だけ会ったということですが、
その相手はどこか馬場に似ていたと。
というわけで、馬場が父親だと思っていた人は父親じゃなかったというね。
事件直後に知ることになったわけですけど、
一体何があってそんなことになったのやら。
馬場の父親は馬場を子供として育てるにあたって何をしたんでしょうかね。
普通に考えると本当の父親から殺すように依頼があったってことになるだろうけど、
子供を盗んだとかってことなのかな?
でも、それだったら馬場まで殺す必要はない気もするけど。

というわけで、本当の黒幕との対峙が残されることになったわけですが、
どうなるやら。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

博多豚骨ラーメンズ8 (メディアワークス文庫) [ 木崎 ちあき ]
価格:637円(税込、送料無料) (2017/12/22時点)



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad