edit

転生したらスライムだった件 6巻 電子書籍版

月刊少年シリウスにて連載中の川上泰樹さんの「転生したらスライムだった件」第6巻。
伏瀬さんの小説をコミカライズした作品です。

第28話「魔物の町に注目する者たち」
ガビルたちは結局リムルのところに来たのな。
親衛隊長に関しては外の世界を知るために、それとは別に来ていて、
ソウエイに憧れてるんだそうな。
そんなこんなで名付けのデスマーチ再び。
ガビルには厳しくするつもりだったらしいけど、
流れの中で名前を読んだら上書きがあったらしく魔素をたっぷりとられてしまうことに。
というわけで、リザードマンはドラゴニュートに進化。
その中で何人かはソウエイのもとに。
人間の姿に近い姿に進化した人たちがいてってことで、
ソウエイに憧れる元親衛隊長のソーカもその一人に。
どことなくソウエイに似た雰囲気もありましたね。
そして、町が形になったばかりなのに緊急事態が。
リムルの本性を確かめるためにガゼル自らやってくることに。
ソウエイが怖かったねぇw
というわけで、剣を交えるわけですが、話の流れでどう考えてもそうだよな、
と思ってましたが、ハクロウが師匠だったようですね^^;
ただ、そのおかげで最後の一撃を受け止めることも出来ましたね。

第29話「魔王会談」
一方、ガゼルとは別に魔王たちもリムルたちに注目していた。
その中で特にリムルに惹かれたのは古くからいる魔王のミリム。
クレイマンが色々と考えていたみたいですけど、そんな考えをあっさりと吹き飛ばしてましたね。
ジュラの大森林とは不可侵条約が結ばれていたらしいけど、
その理由はヴェルドラにあった。
そのヴェルドラがいなくなったという噂が本当なら意味はない。
ということで、ミリムは魔王たちの間での決め事を守って撤廃に。
そして、自分がしたいように行動するために互いに手出しはしないように、
という約束もして一目散にリムルたちのもとへ。
その頃、リムルはガゼルとの盟約を結ぶことに。
国として認められるためにも後ろ盾は必要だろう、と。
本当に良き王様なんだろうな、と思える振る舞いでしたね。

第30話「安らげる場所」
というわけで、国の名前はジュラ・テンペスト連邦国に。
中央都市の名前はやめさせたかったけれども、リムルに押し切られたらしい。
トラブルもあったりはするものの、国として動き出した矢先にミリム来訪。
危険を察知して一人、町の中心から離れたリムル。
戦いは避けるべきだと大賢者の話から判断したわけですが、
シオンたちが戦っちゃったねぇ^^;
で、ランガがリムルを連れて逃げようとしたわけですが、
リムル、それはやめたげてw
何で首に足をかけたまま枝を掴んじゃったのか^^;
リムルはミリムのもとへ戻ることに。

第31話「ミリム旋風(前編)」
ミリムからは攻撃手段が通じなかったら部下になれ、と。
それだけだった。
それに対してリムルがしたのははちみつを食べさせることだった。
保護を求めてきた蜂型魔蟲に採取してもらったおやつだったらしい。
見た目やふるまいからの賭けみたいなものだったようですけど、
バッチリ興味を引くことに。
友達、ということになったわけですが、若干面倒なことになってますね^^;
ミリム自体は魔王としては人気があるようですけど、
まさか居座ることになるとは。
テンペストはどうなんのかな?^^;

書き下ろし小説「ヴェルドラのスライム観察日記~遭遇編~」
ガビルの名前の上書きは大賢者の実験だったんかw
ミリムはヴェルドラのお兄さんの血と力を引き継いでんのか。
そんな繋がりもあるのなぁ。
ヴェルドラとイフリートも友達になったようですが、
ヴェルドラの狙い通りにはならなかったようですね^^;

おまけ
ガゼルの前でバニー姿のifだったら終わってただろうなぁw
マーマンは本当に何で入ったのか^^;
シュナは影で頑張ってるから出番が少ないですね。
でも、スライムボディは満喫してるようですね。

関連記事
転生したらスライムだった件 1巻 電子書籍版
転生したらスライムだった件 2巻 電子書籍版
転生したらスライムだった件 3巻 電子書籍版
転生したらスライムだった件 4巻 電子書籍版
転生したらスライムだった件 5巻 電子書籍版


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

転生したらスライムだった件(6) (シリウスKC) [ 川上 泰樹 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2017/12/9時点)




トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.