edit

魔法使いの嫁 #07

『Talk of the devil, and he is sure to appear.』
エリアスの思惑を知ったことでチセは魔法を教えてもらうように。
ただ、魔力のコントロールがまだ不十分らしい。
力の使い方で毒にも薬にもなってしまう。

教会からの最後のお使い。
ブラックドッグの調査。
それが害をなすかどうかを調べることに。
けれど、住み着いたとされる教会についた二人が見たのは獣らしきものに
襲われ亡くなっている人だった。

教会に話を聞きにいったエリアス。
チセは周辺を見て回るが、墓地でよくないものに目をつけられてしまう。
そこを青年に救われる。
ただ、彼はすでに傷だらけで、そもそも人ではなかった。
彼が調査の対象のブラックドッグだったんですね。
イザベルという女性に飼われていたユリシィという黒い犬。
ただ、イザベルは亡くなり、彼は最近ブラックドッグになったらしい。
その自覚は彼にはないみたい?
ていうか、彼は自分も人間だと思ってるみたい?
イザベルを妹として慕ってたみたいですね。

そこにアリスがやってきてユリシィを引き渡すように言われるが、
相手の出方を見たチセはとっさに失敗作の薬を使うことで眠らせることに。

というわけで、目を覚ました二人にそれぞれ事情を聞くことに。
ユリシィと教会前で亡くなっていた人はキメラに襲われたらしい。
で、ユリシィはキメラの材料に利用しようとしていた。
ただ、アリスとしては不本意というかレンフレッドを救いたい一心で。
カルタフィルスにレンフレッドはやっぱり脅されてるようですね。
アリスは自分がその対象だというのは気付いてないわけじゃないだろうけど、
なんとかしたくて動いてしまうみたいかな。

エリアスが聞いていたことを知るとアリスはレンフレッドを助けるために
エリアスに協力を求める。
あっさり引き受けられて拍子抜けしていたわけですが、
カルタフィルスのことを話す前にその本人に襲われることに。
それを察知したチセがとっさにかばうことでアリスは無事だったわけですが、
チセは避けられず。
そして、その姿にエリアスは本来の姿へ戻り始めてしまう?
その姿にアリスは中途半端な存在ではなく、人になれない存在だと感じたみたいですね。

そんな彼が何をきっかけに人になろうと思うようになったんだろうかねぇ。
で、チセは無事なの?

羽鳥チセ:種﨑敦美
エリアス:竹内良太
ルツ:内山昂輝
シルキー:遠藤綾
アンジェリカ:甲斐田裕子
サイモン:森川智之
セス:諏訪部順一
リンデル:浪川大輔
レンフレッド:日野聡
アリス:田村睦心
ティターニア:大原さやか
オベロン:山口勝平
カルタフィルス:村瀬歩

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.