edit

コウノドリ #04

『自然分娩 良い母になるリスク』
帝王切開で産んだお母さんが次の子供の出産では自然分娩を選ぶ。
それってかなりのリスクを伴うことなんですね。
そんなこと知らんかった。
子宮が破裂して、母子ともに危険な状況になるかもしれない。
1000人に5人という確率が高いのか低いのか、
正直、自分の感じ方だと高いと思ったかなぁ。

理由が母親としての長女を愛せていないんじゃないか、と感じて。
その言い方だと子供が生まれたからって、長女の子を愛せる、ということには繋がらないんじゃ?
という風にも思ったんですが。

けど、自然分娩が決まってから落ち着いてきたから、
気持ちの問題は大きいみたいですね。

四宮が会っていた女性は四宮やサクラの後輩で小松さんとも一緒に働いていたらしい。
ただ、白川が見た時の二人はそんな感じではなかった気がするけど。
シングルマザーだという彼女はこれからどう関わってくるんだろうか。

NICUに入ってる子のお母さんが白川に後どれくらいで退院出来るかって聞いたのは、
退院できる日を楽しみにしていたんじゃなく、
今のうちに旅行に行けるな、ってことだったんですね。
今橋が言ってたこともわかるけど、白川はちゃんと言うことを選びましたね。
事実だしねぇ。

四宮の赤西に対する当たり方は自分と同じだったからだったんですね^^;
それは期待の表れでもあった。
その期待通りに産科医に向き合うことが出来たようですね。

鴻鳥サクラ:綾野剛
下屋加江:松岡茉優
小松留美子:吉田羊
白川領:坂口健太郎
大澤政信:浅野和之
向井祥子:江口のりこ
赤西吾郎:宮沢氷魚
倉崎恵美:松本若菜
四宮春樹:星野源
今橋貴之:大森南朋

トラックバック

TB*URL

コウノドリ 第2シーズン 「自然分娩良い母になるリスク」

新米ドクター、赤西(宮沢氷魚)と、トーラック(帝王切開後の自然分娩)を希望する妊婦の蓮(安めぐみ)ファミリーの成長が見どころでした。こんな大変な時に「屋台船」なんて言ってた、ダンナさんの、当初の呑気さと、やがて現実を知る部分も、ヨカッタです。ラストの、サクラ(綾野剛)先生のピアノ演奏が素敵でした。誠実なドラマだと思います。    (ストーリー)ある日トーラック(帝王切開後の自然分娩)を希望す...

コウノドリ[2] の感想 ~かなり濃厚な第2弾~

TBSテレビ系・金曜ドラマ『コウノドリ[2] 命についてのすべてのこと』(公式) 第4話『自然分娩 “良い母”になるリスク』の感想のかなり濃厚な第2弾。 なお、原作:鈴ノ木ユウ「コウノドリ」(漫画)は未読。 研修医・吾郎(宮沢氷魚)が報告を怠ったことで妊婦の体が危険にさらされた。サクラ(綾野剛)たちがすぐに対応したため、大事には至らなかったものの、四宮...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.