edit

将国のアルタイル #09

『紅虎の将王』
トルキエと協力関係にある4つの将国。
バルトラインの動きに今こそ手を取って、ということだったわけですが、
大トルキエ体制移行に四将国は反対した。

自分たちは一国家であり手足ではない。
対等な立場として話し合えなければ手を取り合うことはない。
というのが彼らの言い分のよう。

そして、そのうちの一つであるムズラクに入ったマフムートたち。
そこでクラックであり将王の弟のバヤジットと出会うことに。
彼らはバラバンの考えに反対していて、逆賊となった姪のアイシェとともに籠城していた。
ただまぁ、バラバンは時間はたっぷり与えたと容赦なしに燃やすことを選んだ。
逃げ道はあったようですけど、無事に逃げられたのかな?

バラバンはマフムートに自分の下で働かないかと誘ったりも。
忠誠を誓ってる人たちは顔で選んだらしいね。
で、バルトラインのエレノアとしっかり繋がっていたみたいですね。

そして、ザガノスはそれを示して四将国の掌握のために動き出す。
その一つとしてマフムートを利用することを選んだ。
失敗すればマフムートの責任にする形で。
そうさせないためにスレイマンは急いで向かうことに。

マフムート:村瀬歩
ザガノス:古川慎
キュロス:KENN
アビリガ:諏訪部順一
スレイマン:小西克幸
カリル:緒方賢一
ルイ:津田健次郎
レレデリク:小林ゆう
グララット:櫻井孝宏
ルチオ:小野大輔
ブレガ:山路和弘
バラバン:中井和哉
バヤジット:内山昂輝
アイシェ:茅野愛衣
オルハン:島﨑信長
イスマイル:岡本信彦
イブラヒム:佐藤拓也
シャラ:日笠陽子

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.