edit

ぼくらの勇気 未満都市2017

1997年に放送されていたKinKi Kids主演の連続ドラマの続編がスペシャルドラマとして放送。
何だろう。
思いの外ゆるかったな^^;
そのゆるさが安っぽくも感じてしまったかなぁ。
ゆるさゆえにいい部分もあったりはしましたし、
懐かしく思いながら見れはしましたけどね。

20年の約束の日。
それから5年前に偶然再会したタケルとアキラから話は始まる。
弁護士を目指していたものの、試験に受からずふてくされていた。
そんな中でアキラに出会ったことで変わろうと思えたみたいですね。
その後、タケルは弁護士に。
ヤマトは先生になっていた。

復興の中で隠されたものはウイルスが再び出現したことだった。
20年経っても国は何一つ変わってなかった、ということみたいですね。

大人になり、守るべきものが出来たことで迷いながらも、
20年前の自分達に恥じない行動をとることを選んだ。
そんな彼らに共感した次の世代の子供たちもいたり。

隠蔽しようとしてる国側の左山はもともとは幕原の人間だったんかい。
荒廃した街を復興させることが彼の目標だった。
そのために隠蔽するのが正しい選択だと本当に思ってたのかね?

取引材料として追加した欠片。
ヤマトだけは渡さなかったみたいですね。
それが今後、間違ったときのストッパーになる、ということなんでしょうかね。
ウイルスに関しては20年の間の技術の進歩によって解決したようで。
どうするんだろうかね。
あの成長速度を何かに利用しようと考える人はまた出てくるんじゃないのかな?
と思ったりも。

懐かしいなぁ、ということでいいかな。
良し悪しは横に置いておくことにします。
楽しめなかったわけではないですしね。

トラックバック

TB*URL

ぼくらの勇気 未満都市2017

ぼくらの勇気 未満都市2017 JUGEMテーマ:エンターテイメント

ぼくらの勇気 未満都市2017

1997年に連続ドラマとして放送された同作は、当時18歳のKinKi Kidsが主演を務め、土曜21時枠で放送。高校生のヤマト(堂本光一)とタケル(堂本剛)が、問題や事件を乗り越えながら仲間とともに、暴力に支配された子供だけの街に秩序を取り戻していくというストーリーで、その最終回で「20年後、またこの場所で会おう」と言って別れた彼らが、KinKi Kidsのデビュー20周年を記念して、その約...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.