edit

奈良町ひとり陰陽師/仲町六絵(著)

奈良町ひとり陰陽師/仲町六絵(著)メディアワークス文庫、6月の新刊2冊目。

奈良町の一角にあるくすば菓子店の息子は奈良ではもう最後となる、
由緒正しい陰陽師だった。
彼が仕切るのは奈良で起こる不思議の一切。
猫又や幼馴染に見守られながら、彼は今日も不思議を解きほぐす。

というわけで、奈良を舞台にした物語ということですが、
奈良だと「南都あやかし帖」が一番最近だと思いますが、
そちらとの繋がりはあったりするのかな?
後はからくさ図書館のある京都と同一世界なんでしょうかね?
そういう辺りも楽しみに読みたいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

奈良町ひとり陰陽師 (メディアワークス文庫) [ 仲町 六絵 ]
価格:637円(税込、送料無料) (2017/6/24時点)



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad