edit

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 #08

『激闘 決死の救出!』
田丸と林夫妻の歪な関係。

部署が異動になった田丸の点数稼ぎ。
不仲だった夫婦。
夫の借金。
そして、美しい妻。

林はもう限界だった。
そんな中で得た次のテロの情報。
それを知りたいのなら、スパイをやめさせてほしい、と。

彼の条件をのんで、テロ実行日がやってくる。
けれど、テロは罠だった。
田丸は急いで千種の保護に。
その後はどうすることも出来なくなる。
すぐに林が疑われるとは限らないし、何かがあったとしても公安の監視下にあるとわかっているため、
過激なことはしないだろう、と。
が、田丸は確信があって動いていたみたいですね。

彼は退職届を残して一人教団施設へ。
そこに稲見たちも駆けつけることに。
施設内でのシーンは1カットで撮られたのかね?
なんかそんな感じに見えたけど、どうなんだろう?
こだわってるのだろうという感じはわかりましたけど、
見応えとしては今ひとつに感じたりもしたかなぁ。
距離が全体的に近すぎたので、動きが見えにくかったかな、と。

田丸は林のもとにたどり着き救い出した。
そのタイミングで青沼が遅れて登場。
鍛冶の判断ではなく彼が田丸の考えを読んで動いたみたいですね。
というわけで、教団は解体されることになったようで。

ただ、最後のはどういうことなんだろう?
田丸はあの男と何を話したのかな?

林夫妻に関しては2年間海外へ。
ということに青沼は考えていたわけですが、鍛冶が戻すな、と。
田丸にとって千種はアキレス腱だと。
だから、ちらつかせるような場所に置いておくべきじゃない。

林夫妻はこの後どうなるのかね。
正直、こんな不安定な状態でどうにもならないと思うんだけども。
元々壊れかけていたところではあったけど、
それがスパイをする中でおかしいことになり、
別の形で収まることに、ってことなのかねぇ。
無理だよなぁ。

田丸の気持ちもどこへ行くのやらね。

稲見朗:小栗旬
田丸三郎:西島秀俊
吉永三成:田中哲司
樫井勇輔:野間口徹
大山玲:新木優子
林千種:石田ゆり子
青沼祐光:飯田基祐
林智史:眞島秀和
鍛冶大輝:長塚京三

トラックバック

TB*URL

CRISIS公安機動捜査隊特捜班 第8話

『スパイの罠!決死の救出作戦』内容田丸(西島秀俊)は、千種(石田ゆり子)から、“重大な情報を手に入れた”と夫から連絡があったと聞く。すぐさま、“神の光教団”に潜入している林智史(眞島秀和)に接触。情報はテロに関するもの。教える条件として任務からの解放を林は持ちかける。同時に、妻とともに保護して欲しいと。 田丸が、青沼(飯田基祐)に条件を伝えた...

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 (第8話・2017/5/30) 感想

関西テレビ制作・フジテレビ系・『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(公式) 第8話『激闘決死の救出!』の感想。 なお、原案(ドラマとは異なるオリジナル小説):周木律、金城一紀『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は未読。 田丸(西島秀俊)は千種(石田ゆり子)の仲介で、彼女の夫で情報提供者の林(眞島秀和)に会い、「神の光教団」のテロに関する情報を入手した...

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 「激闘決死の救出!」

新興宗教団体“神の光教団”に潜入している林智史(眞島秀和)と、妻の千種(石田ゆり子)の関係は、だんだん冷えていて、でも、情報を介して会う田丸(西島秀俊)に、心密かに惹かれていて… 何気ない、手だけの交流がオットナ~で、セクシー。静の魅力でした。「重大な情報を手に入れた」との連絡、テロ決行前に、智史奪回の為、乗り込んでいくメンバー達のアクションが見事で、動の魅力炸裂!!しかし、安全の為、海外へ...

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 第8話

田丸(西島秀俊)は、新興宗教・神の光教団に潜入している林(眞島秀和)から、林の妻・千種(石田ゆり子)を介して「重大な情報を手に入れた」と連絡を受け、極秘裏に林と会います。 田丸は林から、教団が画策しているテロの情報を教える代わりにスパイを辞めたいと取引を持ち掛けられ、動揺します。 さらに林は、テロを阻止した後、自分たち夫婦を保護すると、事前に覚書を交わしてほしいと要求します。 ...

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 #08

#08 JUGEMテーマ:エンターテイメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad