edit

有頂天家族2 #08

『夷川海星の秘密』
早雲の死。
お葬式の帰りに母は気持ちがわからなかった、と。
元々は下鴨家と夷川家の仲を取り持つために婿にいったのに、
なんでこんなことになったのか。
お母さんは当事者なんですけどね。
当事者ゆえにわからないことも。
気づいてあげてほしかったものですが。

そして、矢一郎と呉一郎の二人によって仲違いしていた二つの家は手を取り合うことに。
そんな中で出てきたのが矢三郎と海星の婚約話だった。
さらには矢二郎が京都を少し離れることにしたりも。
その矢二郎が二人の婚約を進めてはどうかと提案したらしい。

矢一郎に父の代わりなんて頼んでいないと矢三郎は突っぱねたりも。
でも、そういうことを出来るのは自分も矢三郎も矢一郎に甘えているのだと矢二郎は言う。

わかってはいても、納得できないものもある。
というわけで、矢三郎は山ごもり。
それをなんとかするために玉瀾は海星に動いてもらうことに。

二人は言い合いになった。
その中で海星の本心がこぼれ落ちる。
彼女が抱え続けていた秘密とともに。
彼女の姿は一目見ただけで狸の化けの皮を剥がしてしまうものだった。
そんな狸もいるのですね。
だから、周りに迷惑をかけまいと姿を隠し続けていたんですね。
優しすぎる子だねぇ。
矢三郎はどうするんだろう。

見ただけで化けの皮が剥がれてしまう相手を嫁になど出来るわけがない、
ってことですけど、それの何がダメなのだろうか?

二代目と弁天がまた言い合ったりも。
二代目は何故戻ってきたのかと問われて答えられずにいたりしたけど、
気になるところですね。
弁天には思い当たる節があるのかな?

矢四郎は呉一郎から場所を借りてなんか色々と実験をしてるみたいですね。
何を作ろうとしてるんだろ^^;

下鴨矢三郎:櫻井孝宏
下鴨矢一郎:諏訪部順一
下鴨矢二郎:吉野裕行
下鴨矢四郎:中原麻衣
弁天:能登麻美子
母:井上喜久子
赤玉先生:梅津秀行
金閣:西地修哉
銀閣:畠山航輔
海星:佐倉綾音
淀川教授:樋口武彦
二代目:間島淳司
玉瀾:日笠陽子
呉一郎:中村悠一
天満屋:島田敏

トラックバック

TB*URL

ちっとも分からないらしいんだな/有頂天家族2 8話感想

 すみませんがコメント返信は明日に失礼しますm(_ _)m

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad