edit

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 #06

『地下鉄爆破テロ阻止せよ』
11年前の地下鉄爆破テロ。
その実行犯が偶然防犯カメラに映り込むことで足取りを掴んだ。
間抜けな強盗犯のせいでバレてしまう。
11年もの間、注意深く暮らしていただろうに、そんな形でバレるとは思ってなかったでしょうね。

再びテロを実行するのではないか、ということで動くことに。

どこに隠れたのかをあぶり出すためにネットを利用。
まんまと引っかかり、稲見と田丸が追いかける。
が、途中でバレてホームセンターでぶつかることに。

5人いて2人にのされるのな^^;
あれだけ堂々と迎え討ってたから、もうちょっとやれるのかと思った。
ただまぁ、里見には逃げられてしまう。

そこで稲見は田丸に聞く。
里見はこちら側の人間なんじゃないか、と。
噂なら流れていたと田丸は話す。

何かをきっかけに潜入捜査官がテロ実行犯となってしまった、と。
噂は真実だったようですね。

稲見は田丸から聞いていた戻るところを失ってしまったんじゃないか、と。
そういうことだったみたいですね。

そして、彼の本当の狙いは自分を見捨てた人物への復讐だった。
警視総監になったかつての上司への復讐。

何の理由があって上は動かない判断をしたんでしょうかね。
警察組織が多くの人を殺した、ってことみたいですね。
ただまぁ、稲見は自分がリンチされようとも実行するべきじゃなかった、と。
そして、その事実はどこにも残されていない、とも。

稲見の最後のは酷だよなぁ。
そうなんだろうとは思うけどもね。

里見はその後死を選んだ。
警視総監は知らんで終わりなのでしょうね。

次回は平成維新軍のことになるみたいですね。

稲見朗:小栗旬
田丸三郎:西島秀俊
吉永三成:田中哲司
樫井勇輔:野間口徹
大山玲:新木優子
林千種:石田ゆり子
青沼祐光:飯田基祐
林智史:眞島秀和
鍛冶大輝:長塚京三

トラックバック

TB*URL

CRISIS公安機動捜査隊特捜班 第6話

『爆破テロ犯を追え!国家が隠す闇』内容稲見(小栗旬)田丸(西島秀俊)たち特捜班の面々は、吉永(田中哲司)から、1週間前のコンビニの防犯カメラ映像を見せられる。そこに映っていたのは、11年前、地下鉄車内で無差別爆弾テロを起こし指名手配中の里見修一(山口馬...

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 「爆破テロ犯を追え!国家が隠す闇」

それにしても、テロの実行犯で、11年も注意深く潜ってたのに、防犯カメラから足がつくとは!それは、地下鉄車内で無差別爆弾テロを起こし指名手配中の里見修一(山口馬木也)土地勘のない場所での出現、新たなテロを実行するのでは、と稲見(小栗旬)田丸(西島秀俊)たち特捜班の面々は、捜査を開始します。鍛冶(長塚京三)は、乾陽一(嶋田久作)警視総監から圧力。「特捜班を上手く使え」とのこと。地下鉄の状態を確認...

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 (第6話・2017/5/16) 感想

関西テレビ制作・フジテレビ系・『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(公式) 第6話『爆破テロ犯を追え!国家が隠す闇』の感想。 なお、原案(ドラマとは異なるオリジナル小説):周木律、金城一紀『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は未読。 カルト教団による地下鉄爆破事件の実行犯で指名手配中の里見(山口馬木也)が東京都内に出没。新たなテロを計画している可能性...

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 第6話

11年前に地下鉄車両内で無差別爆弾テロを起こし、容疑者として指名手配されていた里見(山口馬木也)が突如、東京都内のコンビニに姿を現します。 警察は里見の逮捕に躍起になり、鍛冶(長塚京三)も、警視総監・乾(嶋田久作)から特捜班を上手く使うように圧力を掛けられます。 上手く行けば、自分が後ろ盾になっても良いと言っていましたが・・・ その頃、11年前のテロ事件を計画したカルト教団...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad