edit

わたしたちの教科書 第4回 短め感想

『校庭の奇妙な事件』
教師いじめの次は珠子のいる弁護士事務所に依頼かよ。
汚すぎだろ。
しかも、わざわざ備品の確認させてる間に他の教師を自分の味方につけて。
汚い。

そりゃ加地は弁護士である珠子と仲良くしてるとこ見られてるわけですから、
それなりの代償は覚悟の上ではあると思いますよ。
加地は見られたってことは知らないですけど。
てか、加地だから考えなしにしてそうですけど。

理由やら聞いてもいいんじゃねぇの?ってことですよ。
てか、最初からいじめはないとか言ってる人に話しても何にも変わらんとは思いますが。
というより、加地なら逆に言いくるまれて終わりそうですけど。

で、今回は校庭に画鋲がばら撒かれる。
誰がしたのかは結局わからずじまい。
長部って子が吉越先生にわかってほしくてやったってのが妥当な考え方になるのかなぁ?
もしくは熊沢先生がうっぷん晴らしにした。
けど、画鋲集めを最後手伝ってたからないかなぁ。

熊沢先生は吉越先生の秘密と加地の秘密を知っている。
自分も秘密はある。
何してるんでしょうかね?
これも近々わかるのかな?

原告がいなかえれば裁判は出来ない。
ということで、珠子は明日香の父親に会いに行った。
しかし、7年前。
珠子の前からいなくなった時から若年性の記憶障害になっていて、何も覚えていない。
それでも、珠子は父親に話をした。

お前綺麗だな。
目がキラキラしてる。

7年前、珠子は同じことを言われたんでしょうね。
勉強ばかりしてきた人は簡単に騙されてしまう。
珠子がそうだったように。

そして病気のことを何も言わずにいなくなった7年間恨み続けてしまったことを悔いた涙。
ですよね?
珠子は最後に名刺を渡して帰った。

しかし、翌日。
賢太郎(漢字あってるかな?)が珠子を訪ねてきた。
タクシーに乗って。

朝食を2人で食べる。
明日香が生まれたときのことを話し出した賢太郎。

賢太郎の父親が迎えに来た時何かを取り出す。
印鑑だった。
これを渡すために珠子のところへ来た。

訴訟ということが何かもわかっていないが明日香のために。
そして、珠子は賢太郎の父親に代理人になるように頼む。

とまぁ、うまく進んでいたのに。
副校長があれでしょぉ。
もう信じらんねぇわ。。。

どうなんだろう。

次回、珠子は事務所と敵対する道を選ぶんでしょうかね?
でもって、加地はどうなるのか。
っていうのは、それほど興味がなかったりw

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆積木珠子…菅野美穂

☆加地耕平…伊藤淳史   ☆大城早紀…真木よう子
☆吉越希美…酒井若菜   ☆戸板篤彦…大倉孝二
☆八幡大輔…水嶋ヒロ   ☆熊沢茂市…佐藤二朗
☆雨木音也…五十嵐隼士  ☆宇田昌史…前川泰之
☆大桑久雄…戸田昌宏   ☆日野圭輔…小市慢太郎

☆瀬里直之…谷原章介

☆藍沢明日香…志田未来

☆雨木真澄…風吹ジュン

公式HP

第1回感想 | 第2回感想 | 第3回感想

トラックバック

TB*URL

わたしたちの教科書 第4話:校庭の奇妙な事件

何を企んでやがる、副校長めっ!(ー_ー;)ウーン、、、珠子からの公開質問状を持って、依頼人として直之の元を訪れてしまいましたよ。そして、職員室の皆さんのあのよそよそしい態度は何?耕平一人にわざと残業させ、他の教員達と行った会食の場で何があったというの?もしか

わたしたちの教科書 第4話 明日香の父と珠子

内容珠子は、イジメがあったと信じ、民事訴訟を起こすことに。だが、瀬里に指摘される。原告のことを。珠子は、明日香の父、謙太郎に会いに行くのだった。。一方、学校では、画びょうが校庭にばらまかれるという事件が起こっていた。加地は、他の教師たちと少しずつうち解..

動き出した佐藤二朗(ぇ(わたしたちの教科書#4)

『わたしたちの教科書』今週はキャバクラ希美の出番が大幅増生で見た事をすっかり忘れてたわ酒井若菜出演 『虹の女神 Rainbow song』舞台挨拶@TOHOシネマズ六本木ヒルズ笑わない上野樹里と出番は少ないが存在感がデカ過ぎる蒼井優が見もの。DVD好評発売&レンタル中(爆)

わたしたちの教科書 第4話  

あなたの娘、死んだの。明日香、死んだのよ。

わたしたちの教科書~第4話・積木・加地vs雨木!

わたしたちの教科書ですが、先週明日香(志田未来)と一緒にいじめられていた少女が弁護士・積木珠子(菅野美穂)にいじめの主犯を告白する所で終わっていたと思います。一週間待たされたのですが、何と言わず終いというオチです。今度は校庭画鋲ばら撒き事件と謎だけドンド

わたしたちの教科書 第4話 「校庭の奇妙な事件」

誰がいじめっ子か・・・言わせないんかい!!訴訟を起こす為、証人に朋美(谷村美月)、原告は元旦那になってもらおうと会いに行く珠子(菅野美穂)。謙太郎(河原雅彦)は若年性の認知症になってたなんて。それで珠子の前から姿を消したのね。

わたしたちの教科書 四話

あれれ?なんかちょっとドラマの感じが変わってきてしまった気がする。明日香のことをいじめだと認めさせようと学校に訴訟を起こすが、婚約者に「うちの事務所は学校関係とも契約をしている場合がある。原告がいないのに、提訴できるのか。キミにそんなこと...

「わたしたちの教科書」第4話

『校庭の奇妙な事件』

わたしたちの教科書 第4話

第4話

わたしたちの教科書 【第4話】 校庭の奇妙な事件

わたしたちの教科書菅野美穂主演ドラマ「わたしたちの教科書」第4話を見ました。■わたしたちの教科書 「第4話」 あらすじ 珠子(菅野美穂)は、喜里丘中学校の生徒・朋美(谷村美月)からいじめがあったことを証明する手掛かりを得る。一方、耕平(伊藤淳史)は、同僚の熊沢 (佐

わたしたちの教科書 ~担任が生徒の名前間違えないでしょー~

長部”おさべ”と長谷部”はせべ”かぁ~ 出席なりなんなりで、名前の順で呼ぶだろうから、ほぼそういう間違いは起きない。 なんか、つまらんことでリアリティが一気になくなって残念。 明日香の父謙太郎は、若年性認知症でしたか・・・ ちょっと重い話題をかぶせすぎじゃ

とりかえしの・・・とりかえしのつかないことをしてしまった・・・(菅野美穂)

そりゃ、アムロだろーっ。「ガンダム」とか「アニメ」に興味のない皆さん申し訳アリマ

【わたしたちの教科書】第4話

心が寒くなるようなストーリーだった。前回、自分と明日香は透明人間だった、と告白した朋美。その透明人間に、今度は加地がなろうとしている。仕掛けたのは副校長。こんな教育現場でいいの?大人の世界でもイジメはある。でも、大人だから。。。特に教育の現場では追いつ..

「わたしたちの教科書」(第4話:「校庭の奇妙な事件」)

今回の「わたしたちの教科書」は、珠子(菅野美穂)が明日香の父親(河原雅彦)のもとを訪れる、という内容である。鉄火丼は、若年性認知症にかかっている明日香の父親が裁判の原告になるとなった時は「大きな光が見えてきた…。」という気持ちになった。しかし…。

わたしたちの教科書 第四話「校庭の奇妙な事件」

珠子(菅野美穂)は、喜里丘中学校でいじめがあったことを証明する手がかりを得る。 喜里丘中学校2年3組の生徒・朋美(谷村美月)が学校内でいじめがあったことを打ち明けてくれたのだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.