edit

楽園追放 -Expelled from Paradise-

2014年に公開された水島精二監督、虚淵玄脚本によるアニメ作品。
レンタルして見ました。
番宣CMを見て興味を持っていたものの、今まで見ていませんでした。
が、かなり面白かった。
もっと早く見ておけばよかったと後悔しましたね。

舞台はナノマシン技術の暴走によって文明が崩壊し、人類のほとんどが地上と肉体を捨て、
データとなって電脳世界で暮らすようになっていた。
そんな中でディーヴァに地上世界から謎のハッカーによってハッキングが。
その調査として生身の身体となるマテリアルボディで地上に降り立つことになったアンジェラ。
彼女は多くのものを身体全てで感じていくことになる。
そして、訪れる変化。

ハッカーのフロンティアセッターは人ではなく
長い時間の中で自我を持つにいたった人工知能だったとは。
そんな彼は外宇宙探索の同志を探していた。
ディーヴァとは別の可能性として。
結局のところ彼が人類の代表として一人で外宇宙探索に向かうことになったわけですが、
時間さえ余裕があればアンジェラは別の道を選べてましたね。
地上でさえまだまだ知らないことがある。
それを知りたい。
それでさえ、彼女の全てをかけても時間は足りないのでしょうけどね。
でも、そういう未知なるものへ興味を持てた彼女は外宇宙への興味ももちろんあったでしょうね。
彼女の意志を継ぐような形だったり、
全く別のところから、フロンティアセッターを追いかける人が出て来るかもしれませんね。
再会する日が非常に楽しみなところですね。

ディンゴやフロンティアセッターと出会ったことでアンジェラはディーヴァの考え方が
全て正しいわけではないと思い知ることに。
その結果、危うい状況になったりもしましたけど、
フロンティアセッターを送り出すためにはっちゃけてましたねぇ。
ディンゴはかなり危なっかしかったけども。

ロボットものなのかと思ってたら、最初にディンゴに鉄くずにされるというねw
そういう予想外だった展開も楽しめましたね。

ストーリーはもちろんだけど、キャラクターも本当に魅力的だったなぁ。
フロンティアセッターの最後の歌も微笑ましたかった。
誰かと歌える日が来てほしいものです。
ディンゴも渋くてカッコよかったし、
アンジェラはなんだかんだで可愛いところがありましたしね。

ディーヴァのお偉いさんである三人にとってはディーヴァが楽園なのでしょうね。
でも、楽園の形は本当に人それぞれなのでしょうね。
彼らにとって捨て去った地上を楽園だと感じる人も、
まだ見ぬ新天地にその想いを乗せる人も。
そういう他の形が見えなくなってしまっているところは、
どれだけ良くしても何かが足りなく感じていくのかもしれないですね。
その物足りなさはどこにいてもあるのかもしれないけど、
何かを自分の意志で追い求められないというのは、
やっぱり楽園とはいえないのかもしれないですね。

本当に面白かった。
その後のアンジェラたちがどうしてるのか気になりましたねぇ。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad