edit

幼女戦記 #12 最終回

『勝利の使い方』
合理的なだけでは本当の勝利は手に入らない。
それをターニャは身にしみてわかっていた。
ゼートゥーアたちに進言しようとしたものの、
彼らでさえ勝利の美酒に酔いしれていた。
唯一、話を聞いたのはたまたま残っていたレルゲンだけ。

そんな彼にターニャは語り尽くした。
今が一時のことにすぎないことを、これから起こることを。

人は理性を超えた獣となるのだと。

ということで首都を奪われた共和国は南方で軍を集め反撃の準備を始めた。
そこに多くの国が参戦していく。
平和へと向かって。
帝国という絶対的な脅威を悪とし、世界が一つとなって平和を手にしようと。

やっぱりアンソンの娘は戦場でターニャと出会うことになりそうですね。
存在Xも力を貸したようだしねぇ。

そんなこんなでターニャたちは再び前線へ。
しかも、圧倒的に戦力が足りない状況で。
ただ、レルゲンはそれでも彼らならやれるだろうと。
幼女の皮を被った化物だと。

そして、ターニャは隊員に向けて言う。
神を切り刻んでやる、と。
自分たちが神にとって代わるのだと。

なんとも興奮する終わらせ方だったなぁ。
ターニャに心休まる時間はやってくるのかね。
続きを楽しみにしたいですね。

ターニャ・デグレチャフ:悠木碧
ヴィーシャ:早見沙織
レルゲン:三木眞一郎
ルーデルドルフ:玄田哲章
ゼートゥーア:大塚芳忠

トラックバック

TB*URL

幼女戦記 第12話(終) 『勝利の使い方』 こんなやり方で信仰心は目覚めるのか!?

参謀本部総出でビヤホールwwwこりゃアカン。現場の兵士が勝利に酔いしれて飲み食いするのは構わない。でもトップは次の事を考えなくちゃならんのに。レルゲンだけが残っていた様で。ターニャに声をかけるも、その顔に勝利の喜びは微塵もない。 何故参謀本部は勝利を活用しないのか。ただ勝った良かったと喜んでないでこれを使えと。ひっくり返した空のカップは「頭空っぽ、バカなの?」の暗喩か。これを傲慢と受け取るレ...

幼女戦記 第12話(最終回)「勝利の使い方」感想

共和国の首都を制圧し勝利に沸きく帝国軍。 そんな中、ターニャは一人これから起きるであろうドロ沼の大戦を予測。 上層部へと進言に向かうも、上層部すら勝利に浮かれ共和国の反抗など微塵も考えていなかった。 参謀本部の体たらくに失望するターニャ。 そんなターニャを見かけたレルゲンは彼女を呼び止めるが、あまりにも鬼気迫る予想に戦慄。 程なくして南方で共和国軍の残党...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad