edit

幼女戦記 #10

『勝利への道』
敵司令部破壊作戦が開始。
ターニャたちの目標はハズレだった。
が、他の隊がアタリだった。
無事に作戦を完遂。
少しターニャが焦ってた部分もあったりしましたけどね。

で、ゼートゥーアも満足そうでしたねぇ。
荒れていた会議の場を作戦が次の段階に進むということで黙らせた。

というわけで、地下からライン戦線を爆破し手薄になったところを進軍。
敵軍を挟み撃ちするように進む。
指揮系統が混乱している敵軍を容易に殲滅していく。

そこにターニャたちも参戦。
としようとしたわけですが、そこを襲われることとなる。
連合王国に助けられたアンソンが存在Xから力を授かってターニャを襲う。
グランツが初撃を受けることになったわけですが、無事なんだろうか?

潜水艦でヴィーシャのことで話を振った時にグランツがおかしかったけど、
そういうことだったのな。
寝相が悪かったヴィーシャをベッドに戻してたのな。
にしても、寝言で潜水艦を爆破しかねんってどういうことかとw

ターニャ・デグレチャフ:悠木碧
ヴィーシャ:早見沙織
レルゲン:三木眞一郎
ルーデルドルフ:玄田哲章
ゼートゥーア:大塚芳忠

トラックバック

TB*URL

幼女戦記 第10話 『勝利への道』 鬼の203大隊も随分砕けて来た様で...好事魔多し。

アンソン・スー大佐が…。存在Xのせいで狂人に。ターニャ懲らしめるのはまだしも、ダシにされるスー大佐が可哀想。 輸送機にして武器。ドアノッカーの名の通り3つの拠点を強烈にノックされて大わらわの共和国軍。この上敵が乗っているとは夢にも思うまい。帝国では上層部が会議中。財務長官「お金がありません」既に国債=借金して戦争している状況なんでそりゃ困りますね。ゼートゥーアの芝居がかった物言...

幼女戦記 第10話「勝利への道」感想

『衝撃と畏怖作戦』が開始され、ターニャたちはシューゲル技師の開発したV-1ロケットでライン方面軍司令部を奇襲。 限られた時間の中、敵の施設へと潜入し破壊工作を試みる。 そして、ついに目的であった司令部の破壊に成功。 それに続く「解錠作戦」により敵の主力を包囲する。 潜水艦に搭乗し脱出したターニャ達も包囲した敵の殲滅へと向かう。 しかし、その最中にアンソン...

幼女戦記 第拾話

幼女戦記の第10話は、フランソワ共和国に対して衝撃と畏怖作戦と第三作戦の回転ドア作戦。そしてアンソン・スーがアルビオン連合王国より復活し、第203航空魔導大隊へ攻撃。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad