edit

カルテット #09

『なりすました女、衝撃の告白!!カルテット涙の別れ』
真紀がたまに歌っていた歌はお母さんの歌だったのな。
というわけで、真紀が歩んできた人生。
母親の死、引き取られた先での暴力。
そこからに逃げるために戸籍を買った。

ただ、警察は同時期に亡くなった義父の死に関わっているんじゃないか、
という疑いを持っていた。

でも、それとは別にもう一つの可能性も。
母親を殺した加害者家族を救うためだったんじゃないか。

というわけで、そのあたりの真相は語られてましたっけ?

とりあえず、真紀は警察で全てを話すことを決めた。
最初は逃げようとしていた感じがしなくもないですが。
本当に自分の居場所になれる場所を見つけたと思った。
なのに、そこも奪われてしまったと自棄になっていた感じでしたよね。
でも、四人で話をしてちゃんと向き合うことにしたみたいですね。
信じて待ってくれる人たちがいるから、と。

しかし、有朱はマジでなんなんだよw
忘れられないと思いますって真紀が言ってたけど、
そりゃそうだよなw
キャラが強すぎるだろ^^;

最終回は1年後へ。
どうなったんだろうなぁ。

巻真紀:松たか子
世吹すずめ:満島ひかり
家森諭高:高橋一生
別府司:松田龍平
来杉有朱:吉岡里帆
谷村大二郎:富澤たけし
谷村多可美:八木亜希子
半田温志:Mummy-D
巻鏡子:もたいまさこ

トラックバック

TB*URL

カルテット 「なりすました女、衝撃の告白!!カルテット涙の別れ」

「戸籍を買う」という発想とか、「売っても罪にならない」って現実は初めて知ったので、うわおっ!でした。事は、なかなか名乗らない自転車泥棒の件から始まったとは鏡子(もたいまさこ)のもとに富山県警の大菅(大倉孝二)がやってきて、真紀(松たか子)が、早乙女真紀の戸籍を買ったらしいと告げます。本名は、山本彰子。富山出身、動揺する鏡子実は、真紀の母親は、少年の自転車事故で亡くなり、義理の父から暴力をうけ...

カルテット 第9話

刑事・大菅(大倉孝二)から、警察が真紀(松たか子)を捜査していることを知った鏡子(もたいまさこ)は、激しく動揺します。 鏡子は、拘置所にいる息子・幹生(宮藤官九郎)のところへ行って、事情を話していました。 真紀の過去を知った幹生は、DV義父から逃げ出すために、他人の戸籍を買ったのではないかと思います。 しかし、真紀の母が自転車事故で亡くなっていることも・・・ハードな話だ・・...

【カルテット】第9話 感想

音楽は戻らないよ。前に進むだけだよ。 一緒。心が動いたら前に進む。 好きになったとき、人って過去から前に進む。 私は真紀さんが好き! …

火曜ドラマ『カルテット』第9話

「なりすました女、衝撃の告白!!カルテット涙の別れ」内容突然、鏡子(もたいまさこ)のもとに富山県警の大菅(大倉孝二)が訪ねてくる。真紀(松たか子)が、早乙女真紀の戸籍を買ったらしいと告げる。本名は、山本彰子。富山出身の女だという。まさかのことに、動揺する鏡子。 一方、真紀たちは、別荘の売却話があると知る。別府(松田龍平)は、真紀、すずめ(満島ひかり)家森(高橋一生)に謝罪し、別荘を守る時間...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad