edit

幼女戦記 #09

『前進準備』
ライン戦線の前線を後退させることが決まった。
補給線が絶たれたことが大きく響いていた。
その中での新たな作戦はそれを利用した形に。

そして、後退時の殿はターニャたちが務めることに。
ターニャたちもかなり損耗したようですね。
あれだけの砲撃を受けてたら当然だわな。

作戦の中止も本部は考えていたみたいですが、ターニャはそれを拒否。
悟られてしまう、と。
最後まで踏ん張り、作戦を成功させた。

それだけの役目をこなしたターニャたちはすぐに別の任務を言い渡される。
ライン戦線の司令部を直接叩く、というものだった。
そのための新兵装はドクトルが用意していた。
片道切符かよw
天災だ、と。
本当に災いでしかないよな^^;

後方でのんびりエリートコースを、と考えていたのに、
まるっきり違う人生を歩んでいるターニャ。
さてはて、作戦は上手くいくのかねぇ。

しかし、作戦前のヴィーシャの動じなさがすごいな^^;
ターニャのそばにずっといれるのは、そういうところなんでしょうね。

最後のはどういうこと?
腐ったじゃがいもを食べたことで部下を失ったらしいけど、
そのままの意味でいいのか?
ていうか、どのタイミングでのことだったんだろう?

ターニャ・デグレチャフ:悠木碧
ヴィーシャ:早見沙織
レルゲン:三木眞一郎
ルーデルドルフ:玄田哲章
ゼートゥーア:大塚芳忠

トラックバック

TB*URL

幼女戦記 第9話 『前進準備』 博士再び!...嫌な予感しかしない。

ウーガ大尉、いや少佐!軍大学で一緒だった一児のパパと再会。後方勤務を勧めてもらった恩がある。出世競争に邪魔だから排除しただけなのに感謝されてるwwwしかも昇進してターニャが行きたかった参謀本部勤務やっている皮肉。 ライン戦線を引っ込める。これまで突撃一辺倒だった帝国が珍しい。要するに負けたフリして敵を誘き出して叩くという策か。そして第203魔導大隊がその殿軍を務める、また面倒で大変な役割が回...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad