edit

下剋上受験 #09

『入試本番 涙のクライマックスへいざ出陣』
過去問を始めた佳織。
が、成績は思うように上がっていかない。
その中で佳織は別の学校の過去問をやりたがるようになり、
別の学校でもいいかと言うように。

信一が一番にこだわる理由を話したりも。
一番を知ってる人はいても、二番を知ってる人は少ない。
説明する必要なく伝わるようにするには一番じゃなくちゃいけない。

そして、父親から教えてもらったことをヒントに、
佳織のモチベーションを上げることに成功。
合格ラインが思っていたよりも低いかもしれない、と。

そんなこんなで受験へ。
結果は次回に。

桜井信一:阿部サダヲ
桜井香夏子:深田恭子
桜井佳織:山田美紅羽
松尾:若旦那
竹井:皆川猿時
梅本:岡田浩暉
杉山:川村陽介
小山みどり:小芝風花
長谷川:手塚とおる
徳川直康:要潤
楢崎哲也:風間俊介
桜井一夫:小林薫

トラックバック

TB*URL

下剋上受験 「入試本番涙のクライマックスへいざ出陣」

俺塾の成果。信一(阿部サダヲ)との猛勉強で佳織(山田美紅羽)の成績も、ぐんぐん上がり始めたものの、肝心の桜葉学園の偏差値には、まだ届きません。そこで「病欠」ということで、学校も休むことになり、最後の踏ん張りどころなれど、今度は桜葉学園の算数の過去問題が解けず、むしろ、桜葉学園以外の過去問題なら解けることで、迷いが。それにしても、楢崎(風間俊介)を前の両親の面談練習は可笑しかったですね。おじい...

なりふりかまわないことはわれをわすれること(深田恭子)

中卒の人々がゴロゴロいた頃には中卒はそれほど恥ずかしいことではなかった。 今だって・・・別に恥ずかしいことではない。 戦後のドサクサにまぎれて・・・たとえば一流企業にも旧制中学の卒業生は結構、就職していたわけである。 しかし・・・平和が続いて世情が安定すれば・・・学歴社会になるのである。 一方で成り

金曜ドラマ『下剋上受験』 第9話

「入試本番涙のクライマックスへいざ出陣」内容信一(阿部サダヲ)との猛勉強で佳織(山田美紅羽)の成績も上がり始め、ついに入試まで2ヶ月を切った。が、桜葉学園には、まだ届かず。それでも信一と佳織は、入学願書を入手して準備を進めていく。担任のみどり(小芝風花)にも休ませて欲しいと頼み込み。。。許可される。一方、香夏子(深田恭子)も、長谷川(手塚とおる)から有給休暇を許可。 その後、面接の練習をす...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad