edit

A LIFE~愛しき人~ #08

『親父のオペ!!まさかの不覚…』
仕返しで深冬のことを報告した榊原。
それが終わったら去るのな。

沖田は準備を進めていくが、壇上は別の医者を探し始める。
その中で壇上から沖田にシアトル行きの話がどうして出てきたのか、
というのが明かされたりも。

そして、柴田のおかげで取り返しがつかなくなる前に父の異変に気づくことに。
井川とともにお邪魔させてもらったときのお礼として、
沖田にお土産?を持ち帰ってもらうようにしたことで気づけた。
しかしまぁ、服だったりと色々と言って無理矢理にも行かせようとしていたのがいいですね。

羽村に手術を頼むことになったわけですけど、
説明している中で自分でしないのかと父親から言われ、
やけくそ気味に受けて立つことに。
ただまぁ、沖田が医者になろうとした理由を知ってるわけだし、
自分の手術を出来ないようじゃなんのためになったんだ、
ってのは当然の話だわな。

結果としては手術は成功した。
けれど、沖田らしくないミスをして。

その姿に壮大は自分が手術を、なんて言い出したりもしたわけですが、
結局どうなるのやらね。

沖田一光:木村拓哉
壇上深冬:竹内結子
井川颯太:松山ケンイチ
柴田由紀:木村文乃
榊原実梨:菜々緒
壇上虎之介:柄本明
沖田一心:田中泯
真田孝行:小林隆
羽村圭吾:及川光博
壇上壮大:浅野忠信

トラックバック

TB*URL

A LIFE~愛しき人~ (第8話・2017/3/5) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』(公式) 第8話『親父のオペ!!まさかの不覚…』の感想。 会議の場での実梨(菜々緒)の発言により、医師たちに深冬(竹内結子)の脳腫瘍のことを知られてしまう。沖田(木村拓哉)と壮大(浅野忠信)は、激高する虎之介(柄本明)に経緯や詳しい病状を説明し、必ず深冬を救うと約束する。そんな中、沖田の父・一心(田中泯)...

A LIFE~愛しき人~ 「親父のオペ!!まさかの不覚…」

会議の席で、顧問弁護士の榊原(菜々緒)により、深冬(竹内結子)の脳腫瘍及び、それを知りながら医療行為を行ってたことを知り、憤る壇上(柄本明)しかし、壮大(浅野忠信)は、沖田(木村拓哉)によって、既に有効な手術方法が見つかったことを報告。準備を進めてることを告げます。また、沖田が、由紀(木村文乃)と共に実家の寿司屋に行くと、沖田の父・一心(田中泯)が倒れてました。手術は羽村(及川光博)が担当す...

A LIFE~愛しき人~ 第8話

会議の席で、深冬(竹内結子)の脳に腫瘍があることを知らされた虎之介(柄本明)は、壮大(浅野忠信)と沖田(木村拓哉)を激しく責め立てます。 既に手術方法を見つけていた沖田は、詳しい説明をした上で虎之介に「大丈夫」と言い切るのでした。 そんな中、沖田の父・一心(田中泯)が心臓を患い、倒れてしまいます。 近親者の手術は通例では行われないため、羽村(及川光博)が一心の手術をする...

日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』第8話

「親父のオペ!!まさかの不覚…」 内容会議の席で、突如、顧問弁護士の榊原(菜々緒)により、深冬(竹内結子)の脳腫瘍および、病状を知りながら壮大(浅野忠信)が治療を行わせていたことが発表される。憤る壇上(柄本明)は、壮大と沖田(木村拓哉)を責め立てる。すると沖田は、すでに手術方法が見つかったことを説明、準備を進めていることを壇上に伝えるのだった。 そんななか、家に帰った沖田は、...

客も患者も家族も同然という気持ち(木村拓哉)

脚本家には「不毛地帯」という作品がある。 これは原作ありだったために・・・最後まで不毛地帯なのである。 しかし・・・世界が凍てついた不毛地帯であるように見せるのは脚本家の特色でもある。 けれど・・・凍てついた大地に春が訪れて・・・人間性の回復とも言うべき雪解けがあるのが一種のお約束なのである。 「僕

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad