edit

君は月夜に光り輝く/佐野徹夜(著) 読了

君は月夜に光り輝く/佐野徹夜(著)良かったと思います。
あまり素直にそう思えないのは
やっぱり帯がクドかったからだとも思う。

関連記事
君は月夜に光り輝く/佐野徹夜(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
あまり長く書くつもりはないのでかなり短めで。

ざっくり言ってしまえばよくある感じかなぁ。
よかったけど響くものはなかったかな、というところです。
よかったのはよかったと思いますけどね。

死んでいく人の絶望。
生き残る人の絶望。
死にまつわる絶望でも全く違う絶望を抱えた二人が出会った時、
互いを生へと向かわせた。

自分なんて、と思っていた。
でも、生きたいと思うようになった。
死にたくないと思った。
だから、かわりに生きてほしい。
幸せになってほしい。
自分のしたかったことを、続けていってほしい。

今後、どういう恋をしていくことになるんだろう。

しかし、お父さんの名前の付け方よ^^;
まみずがつけた亀の名前のセンスがないわけだw

結局、お姉さんは最期のときに何を思ってたんだろう。
それが気になった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君は月夜に光り輝く [ 佐野 徹夜 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2017/2/25時点)



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad