edit

カルテット #07

『人を殺しました…夫婦決死の逃亡劇、涙の結末は!!』
有朱が真紀の楽器を盗もうとしたのはお金にするためだったのな。
ドクズもいいところやんけw
ただ、何でお金を必要としてたのかな?
人のものを盗んでまで。

というわけで、有朱が盗もうと思ったきっかけは家森から楽器のことを聞いてだった。
一緒に猿を探してたのな。

そして、真紀が帰宅。
幹夫との話で最初は警察に、と思ったわけですが、
人を殺したと知って考えを変える。
すずめにはもう少しそのままでいて、と伝えて。

が、その間に有朱が目をさましていた。
死んじゃいなかった。
雪のおかげでしょうね。

で、そこで起きればよかったんですけど、自分のしたこともあって目をつぶることを選んだ。
結果、二人に運ばれていくことに。
でも、幹夫は真紀を騙して一人で有朱を連れて行くことを選んだ。
それを追おうとしたところで、なんとかテープをはがしたすずめが呼び止めるわけですが、
少し間に合わず。
そうこうしてると鏡子がやってきたりも。
それと入れ違いですずめはタクシーで追うわけですけど、タクシー代どうしたんだろう?
とずっと気になってた^^;
真紀に払ってもらうのかと思ってたけど、そういう感じもなく。
どうしたのやら?

そんなこんなでダムで様子見してる幹夫を尻目に有朱逃げる。
有朱、運転上手すぎない?w
後ろあまり確認せずにバックで平然と進んでたよね^^;

途中で真紀とすれ違い、互いに謝って交換。
その後のケロッと加減がすごいよなぁ。
有朱って一体何なのかね。
面白い子で終わらせちゃダメだと思うんだが^^;

真紀は幹夫を拾って東京へ。
途中ですずめが見つけたわけですが、彼女の手を振り払って戻った。
抱かれたい、という言葉に離すしかなかったみたいですね。

そして、二人の場所へと戻ってやり直し。
終わらせるために、それが必要だったみたいですね。
けど、真紀の気持ちとしてはどうなのかねぇ。
離婚はしたけど待つつもりがあるのか、ないのか。
本は燃やしてたけど。
まだ、気持ちがなくなったわけではないでしょうしね。

でまぁ、やっぱり忘れ去られた別府。
一晩明かすことになってましたねw
ていうか、メモを外にっていうのはよかったんだけども、
何で突っかかった感じがあったのに、そのままいっちゃったのかね^^;
完全に裏返ってたもんなぁ。
表に出てたとしても気付かれたかはわからんけども。

さてはて、最終章へ。
すずめは片思いの気持ちを隠して二人を応援することにしたっぽい?
ただ、嘘がどう、というのがまだあるようで、
その気持ち以外にってことなのかな?

巻真紀:松たか子
世吹すずめ:満島ひかり
家森諭高:高橋一生
別府司:松田龍平
来杉有朱:吉岡里帆
谷村大二郎:富澤たけし
谷村多可美:八木亜希子
半田温志:Mummy-D
巻鏡子:もたいまさこ

トラックバック

TB*URL

カルテット (第7話・2017/2/28) 感想

TBS系・火曜ドラマ『カルテット』(公式) 第7話『人を殺しました…夫婦決死の逃亡劇、涙の結末は!!』の感想。 すずめ(満島ひかり)は幹生(宮藤官九郎)に拘束されてしまう。同じ頃、別荘に有朱(吉岡里帆)が侵入し、真紀(松たか子)のバイオリンケースを持ち出そうとする。それを目撃した幹生は、取り返そうとしてもみ合いになり、有朱がテラスから落下。幹生は帰ってきた...

カルテット 「人を殺しました…夫婦決死の逃亡劇、涙の結末は!!」

はからずして倉庫に閉じ込められた、司(松田龍平)の、ドアの下から外に出した、SOSな紙が、ひっくり返ってしまい最後は、助けに行った真紀(松たか子)に、気づかれずに、踏まれて終わるディテールに象徴されるように、実に計算された混沌というか、複雑なスクランブル状態でしたね。家森(高橋一生)と有朱(吉岡里帆)は、サルを捜していった先で、別荘を思い出し、家森を置き去りにして、有朱だけ帰宅。別荘のすずめ...

火曜ドラマ『カルテット』第7話

「人を殺しました…夫婦決死の逃亡劇、涙の結末は!!」内容雪山を家森(高橋一生)と有朱(吉岡里帆)は、サルを捜していた。ふと、別荘のことを思い出し、家森を置き去りにして別荘を目指す有朱。 一方、別荘のすずめ(満島ひかり)は、真紀(松たか子)の夫・幹生(宮藤官九郎)により、拘束されていた。そこに現れた有朱と幹生は、真紀のヴァイオリンの奪いあいになり、有朱はベランダから転落。そんな...

よみがえる不死身の元地下アイドルの復活と夜更けの離婚(松たか子)

隣接する魔術界で古い友人が囁く。 涙売りの少女にはもう会いましたか。 昔の貴方は貴方でしたか。 今、子供たちが見上げた飛行機雲を宇宙飛行士が見下ろしている。 だけどパイロットにはそれが見えない。 気になっているのは計器類。 警告音が鳴り響いたら生と死の重なる時がくる。 青春の入口で胸は高鳴る。 青春

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad