edit

嘘の戦争 #06

『首謀者と激突…暴かれる正体』
近くにおいて監視するために婚約を認めた。

浩一がしてしまったミスによって確信した隆は千葉陽一へと迫る。
けれど、事前にそのミスを知ることが出来た浩一はさらに大きな嘘で騙すことに。
ブログの人物は元詐欺師だったのな。
で、本当に農業をしてるところを日本に連れてきて嘘をつかせた。
それに三瓶も協力させる形になるわけですが、
そこで三瓶は仁科家と関わるべきじゃないと伝える。
やっぱり何か知ってるんですね。

さらにハルカが勝手に動いたことで面倒になったりもしたわけで、
そちらの方から仁科が動くことに。
呼び出され二人きりに。
仁科の原点に連れて行かれる。
そこで目的は何なのか、と問う。
が、完全ではないという心臓の病が再発したのか倒れてしまう。

浩一はそのまま置き去りにしようとした。
けれど、父親の言葉や最期を思い出し駆け戻る。
地獄はまだまだこれからなのだから、と。

一ノ瀬浩一(旧姓 千葉陽一):草なぎ剛
仁科隆:藤木直人
十倉ハルカ:水原希子
八尋カズキ:菊池風磨
百田ユウジ:マギー
七尾伸二:姜暢雄
四谷果歩:野村麻純
三瓶守:大杉漣
仁科楓:山本美月
仁科晃:安田顕
仁科興三:市村正親

トラックバック

TB*URL

嘘の戦争 第6話

「首謀者と激突…暴かれる正体」内容興三(市村正親)により隠蔽された30年前の事件に、晃(安田顕)が関わっていたと知った浩一(草なぎ剛)そんななか、浩一は、楓(山本美月)の紹介で、二科家に招かれる。ようやく興三の弱みを探るチャンスを得た浩一だったが、早速、興三、隆(藤木直人)から過去そして素性の詮索を受けるのだった。やがて楓との結婚の話しになるのだが。。。。思わぬ展開に。。。。 ...

嘘の戦争 「首謀者と激突…暴かれる正体」

浩一(草なぎ剛)は、楓(山本美月)の婚約者として、興三(市村正親)に接近。でも、上手の手から水が溢れる… 浩一のミスに隆(藤木直人)がピクリ。そのミスを、さらに嘘で塗り固めるべく、“千葉陽一”を使います。ブログの作者、“千葉陽一”は、元・詐欺師。三瓶守(大杉漣)園長の力も借りて、隆の先回り一方、ハルカ(水原希子)が尾行されます。ラスト、興三が心臓の病で倒れますが、どう展開する?      (...

嘘の戦争 第6話

第6話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

嘘の戦争 (第6話・2017/2/14) 感想

関西テレビ制作・フジテレビ系・『嘘の戦争』(公式) 第6話『首謀者と激突…暴かれる正体』の感想。 なお、『銭の戦争 (第11話 最終回・3/17) 感想』あります。また、「草なぎ剛」の「なぎ」は “弓ヘンに前の旧字の下に刀” です。 浩一(草なぎ剛)は、楓(山本美月)の恋人として、ついに二科(市村正親)と面会。浩一の真意が分からない二科は、彼を挑発して、...

嘘の戦争 第6話

市村さんのまるで舞台のような演技で絶対にむっくり起き上がるのだと思った!!・・・・のにさ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad