edit

幼女戦記 #04

『キャンパス・ライフ』
帝都でのキャンパスライフを満喫するターニャ。
これが終わればエリートとして安全な場所での生活が待っている。
その中でもライフルだけは手放さなかったのは存在Xに一矢報いようと考えてたためなのな。

で、家族のことを考えてエリートコースを脱落する人も。
ターニャに話を持ちかけたことで彼女がそちらに背中を押した形に。
でも、彼がそう考えるのも仕方がないよなぁ。
だって、どっからどう見ても幼い女の子が前線に出たりもしてたわけですもんね。
自分の娘ももしかしたら、と考えるのは必然だろうねぇ。

そして、ターニャは図書館でゼートゥーアと出会う。
ターニャは参謀本部とのコネを作る絶好の機会と考えたようですけど、
ゼートゥーアはターニャを利用するために接触してきていた。
その結果、見事にターニャは利用されることに。
階級の差もあってターニャは発言を選んだのは選んだけど、
ゼートゥーアの方が上手でしたね。

というわけで、彼女の発案の大隊。
それを彼女自身に任せることとなる。
大学卒業後の進路。
様々に用意されていた。
が、それは選べないものだった。
参謀本部から出された進路だけが彼女が選べる道。
それが大隊長だった。
今の階級では出来ないことだということでしたけど、
あまり使われなくなった特例を利用する形で階級を上げて、ということになるみたいですね。

後方で安全に、という道から程遠いところに送られることに。
が、それでもなんとかしようと大隊の選抜に時間をかけることにした。
ただ、ヴィーシャが送り込まれ、ターニャの目論見はゼートゥーアに潰されていくことになるのかな?

これに関しては存在Xは関与してないのよね?
で、レルゲンはどうするのやらねぇ。

ターニャ・デグレチャフ:悠木碧
ヴィーシャ:早見沙織
レルゲン:三木眞一郎
ルーデルドルフ:玄田哲章
ゼートゥーア:大塚芳忠

トラックバック

TB*URL

幼女戦記 第4話 『キャンパス・ライフ』 優秀だが詰めが甘い?調子に乗っちゃう?ターニャの目論見大外れ。

まるで遠坂凛みたい。8割方上手く行っているのに、最後の最後で裏目っちゃう。そんな性分が見え隠れしてますね。晴れて前線から軍大学へ編入、ここで好成績を納めれば、安全な後方から全軍を指揮出来る。保身と出世の一挙両得を目指すターニャの理想がそこにある。そのための努力は惜しまない。 ついでに神=存在Xの存在も忘れていない。大学でも銃を離さないのは常在戦場の精神から。というのは真っ赤な嘘で「存在Xをぶ...

幼女戦記 第4話「キャンパス・ライフ」感想

大学生となったターニャは軍大学でも優秀な成績を収め、このままいけば念願のエリートコースは確実。 そんなで順風満帆の生活を満喫していたターニャはある日、図書館で参謀本部の『ハンス・フォン・ゼートゥーア准将』と遭遇。 以前からターニャに興味を抱いていたセートゥーアは彼女を試すようにこの戦争について尋ねる。 准将の質問に対し、ターニャは前世の世界大戦の知識を参考に...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad