edit

幼女戦記 #03

『神がそれを望まれる』
やりすぎたせいで、もしかして前線に。
なんて不安もあったわけですが、年齢的にそういう風には出来んだろう、
ってことで、ターニャの狙い通りに後方支援に。
試作機の運用実験を行う兵士として配属が決まったみたいですね。

が、何一つ安全じゃなかったというね^^;
天才ではあるようですけど、なかなかにマッドな部分もある人だったようで。
幾度となく爆発することに。

自分の命がいくつあっても足りないと感じたため、
ターニャは現状を報告し、研究を中止させることに成功する。
成果が得られない、ということで予算カットさせたみたいですね。

が、そのタイミングで久しぶりの存在Xの登場。
未だに信仰心が目覚めないのなら、奇跡を体感させてやろう、ということだった。
そんなこんなで最後の実験。
博士側にも存在Xが神の啓示として出ていったみたいですね。

というわけで、新型の宝珠。
神への祈りを捧げることで本来の力を発揮することが出来るようになるらしい。
それを繰り返すことで信仰心をって考えらしいけど、
明らかにターニャには逆効果だと思うんだが^^;

そんなこんながあって、初回へと繋がるようですね。
で、ターニャには事例が出て学生として学ぶことになったらしい。
これでエリート街道をすすめるだろう、ってことのようですが、
そう上手くいくわけもないようで。

戦況が思わしくない中でターニャを使おうと考えてるお偉いさんがいるみたいですね。
どうなるのかな。

ていうか、ヴィーシャからの選別はイヤミかな?w
全くそんな気持ちがないから余計にたちが悪いわな^^;

ターニャ・デグレチャフ:悠木碧
ヴィーシャ:早見沙織
レルゲン:三木眞一郎
ルーデルドルフ:玄田哲章
ゼートゥーア:大塚芳忠

トラックバック

TB*URL

幼女戦記 第3話 『神がそれを望まれる』 きたない、神きたない!!

活躍し過ぎると前線に送られちゃう!軍隊という「会社」において、後方で安穏とした生活をゲットする。そんなターニャはひたすら後方勤務を望んでいる。本国の戦技教導隊。将に理想的な配属先ですね、エリート且つ安全という。幼女を前線に出すのは拙いという上層部の判断だそうで。実にワンダフル!そう思ったのは甘かった。 新型演算宝珠?前回出てきた怪しい博士か。こりゃ安全どころか人体実験の罠が待っていそう。暴走...

幼女戦記 第3話「神がそれを望まれる」感想

名誉の負傷が癒え、復帰したターニャ。 そんな彼女を待っていたのは功績を認められての栄転であった。 念願の後方勤務に喜ぶターニャだったが、新たに配属された先では欠陥のある新型演算宝珠の試験が待ち構えていた。 度重なる失敗に危険を感じたターニャは転属願いを出すが、そこへ存在Xが介入。 問題のある新型機への恩寵を与える代わりに、神への賛美を強要。 果たして...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad