edit

清須会議

2014年に放送されたものを見ました。
2013年に公開された三谷幸喜監督・脚本・原作による作品。
織田信長が明智光秀に討たれ、その明智を羽柴秀吉が討った後に、
織田家の後継者をどうするか、という会議が開かれることに。
筆頭家老の柴田勝家と宿老の秀吉が互いに後継者を選んで評定という名の戦に挑む。

とりあえず、勝家がひどいなぁ、と。
真っ直ぐではあるんでしょうけど、戦では役に立っても、会議とかでは微塵も役に立たないですね。
というか、邪魔しかしてなかった。
何で大事な跡目争いの中で恋だなんだって言ってたのかと。
アホすぎるでしょうに。
その点、秀吉は上手く立ち回ってましたね。
自分が天下を取るために出来ることは手段を選ばずに何でも、という感じで。

池田恒興はなんやかんやで一番いいところをかっさらっていった気がせんでもない^^;

で、一番自分の思い通りに事を運んだのが松姫。
武田信玄の血を残すために秀吉を上手く利用したみたいですね。
寧はそのことを秀吉には伝えたのかね?
伝えたところで何が変わるということでもないだろうけど。

西田敏行さんは「ステキな金縛り」と同じ更科六兵衛役でこちらでも出てたんですね。

こういう時代の話で頭脳戦だけってのも、新鮮な感じがしてそれなりに楽しめたかなぁ。

トラックバック

TB*URL

劇場鑑賞「清須会議」

評定という名の戦、勃発… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311090001/ 【送料無料】「清須会議」オリジナル・サウンドトラック [ 萩野清子(音楽) ]価格:2,625円(税込、送料込) 【送料無料】清須会議 [ 三谷幸喜 ]価格:600円(税込、送料込) [...

清須会議

三谷映画という意味で、笑いや、いつもの作風を期待した向きには、今ひとつ満足度が低かったみたいですが、私は面白く見ました。何より、「わかりやすかった」です。毎度のことながら、キャスティングが豪華で楽しく、それだけでも嬉しくなります。ちょっとしたデフォルメや、漫画チックなところもヨカッタ気がします。大泉洋の秀吉役、策士だけど憎めなさがマル妻夫木聡のダメぶりや、役所広司をウザ・キャラっぽくしたのが...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad