edit

ステキな金縛り

2015年に放送されたものを見ました。
2011年に公開された三谷幸喜監督・脚本、深津絵里、西田敏行主演による作品。
何がどうって速水が死んじゃうのな^^;
それが何よりビックリした。

父親が有名な弁護士だったらしい宝生は被告人がアリバイとして旅館で金縛りにあっていた、
と証言した事件の弁護と担当することに。
そして、彼女が出会ったのが証人として出てもらうことになる更科だった。
幽霊が見える条件は
不幸なことがあった。
死を身近に感じた。
そして、シナモンが好き、ということだった。
で、検事の小佐野は見えていたのにしばらく見えないフリをしてたのな。

そんなこんなで幽霊が証人となった前代未聞の裁判が繰り広げられることに。
その中で宝生は自分に自信を持つようになり、最後はすごく堂々としてましたね。

言われるまで被害者を呼べばいいやん、ってことに気づかなかった^^;
すごい手っ取り早いし、確実だよなぁw

というわけで、事件は姉妹が入れかわっていたのな。
最後は更科がお父さんを連れてきてくれたわけですが、
条件の一つの不幸なことがなくなったために見えなくなってしまったみたいですね。
それでも更科とのやり取りの中で幽霊は確かにいるんだと知ったから、
見えなくてもお父さんがいると信じられた宝生。
幸せそうだったねぇ。

ていうか、エンディングの写真に何でお父さんじゃなくて更科が写り込んでるのさw
自分の子孫がいるんだから、そっちに行ってあげなよ^^;

さてはて、予告とかでわちゃわちゃした感じだけの話なのかな、
と思っていたんですけど、幽霊が出てくる以外は真面目な感じで、
思いの外悪くなかったです。

トラックバック

TB*URL

劇場鑑賞「ステキな金縛り」

幽霊裁判顛末記・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111030001/ 「ステキな金縛り」オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 11.10.25サウンドトラック キングレコード (2011-10-05) 売り上げランキング: 10...

ステキな金縛り

さすが、大金星。『悪人』で第34回モントリオール世界映画祭最優秀女優賞、並びに第34回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した、今や、日本を代表する女優さんの、深津絵里。ヒロインの彼女が、とてもキュートで、魅力を引き出されてる気がしました。それにしても、深津絵里・西田敏行・阿部寛・中井貴一・竹内結子・山本耕史・浅野忠信・市村正親・草彅剛・戸田恵子・深田恭子・唐沢寿明等々…ほとんどが主役級の...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad