edit

ジャンプスクエア 2月号

今月号のジャンプスクエア

以下ネタバレあり

BLACK TORCH


タカキツヨシさんによる新連載。
先月の新連載も妖怪だからモノノケの類ですけど、
流行ってんのか?
というわけですが、悪くはないと思うけどあまり長く続かなそうな気もしないでもない。
モノノケと隠密が重要視するラゴウ。
そんなモノノケを身に宿すことになったジロウ。
動物と話せるのは忍の血筋だからってことなのかな?
で、本来敵対する二つのようですが、ラゴウはジロウとの僅かな時間で、
彼に全てを託すことを選んだ。
元々の性格がそういうものだったのか、封印されていたらしいけど、
その長い時間の中で考えが変わったとかってことなのか。
実際のところはどういう存在なのかな。
ていうか、イチカの体付きが体の線がはっきり出る格好も相まってなんかエロいなぁ。

怪物事変


カバネはイヌガミの事務所へ。
そして、さっそく入った緊急の依頼。
罪悪感を好物にする蟲だった。
弟が大好きな母親のためにと靴を盗んできてしまった。
それがいけないことだと兄から示されたことで蟲が寄ってきたらしい。
そこに偶然帰ってきたお母さんが息子を守ろうとして一緒に襲われた。
それを解決したのがカバネ。
イヌガミは自分の力が整うまで待とうしていたわけですけど、
カバネが自ら名乗り出た。
その中で家族というものに触れていく。
そして、家族に会いたい、と。
そのためにイヌガミの事務所で働くことを決めた。
母親は息子を預けてどこに行ったんだろうかね。
で、イヌガミは誰かにカバネのことを報告。
脅威にも希望にもなりうる存在みたいですね。

伝説の勇者の婚活


カタリナを救ったユーリ。
そして、マホの力を借りて彼女のおじいさんも救った。
そんな二人の別れ。
カタリナは本当の恋を知った。
けれど、別れることを選んだ。
そんな彼女はようやく涙を流し、両親の死以降失っていた感情を取り戻していった。
忘れられない相手との恋。
けれど、これからユーリ以上に想える相手との出会いを求めて歩き出すみたいですね。
しかしまぁ、守り神として祀られることになったのな。
カタリナが言うように悲恋の相手なのに、配慮は一切なしw
しかも、増える一方というね^^;
でも、そんなものがあろうがなかろうが、関係のない相手との恋だった。
だからこそ、彼に恥じないように前に進もうって思えるのでしょうね。
ユーリはどうなるのやらねぇ。

青の祓魔師


アサイラムを探っていた二人はクローン体に襲われることになり、
メフィストに呼び戻される。
そこでこうなるまでの話が語られる。
燐が青い炎を宿すことになった理由が明らかになる。
クローン体、エリクサーはルシフェルの暴走を止めるための方法として
作り出されたものだったようですね。
世界を滅ぼし、全てを概念にしてしまおう、と。
そんな中で生まれたのがサタン、奥村兄弟の父親だった。
さてはて、八候王のうちの一人がどうにも見たことがある人でしたね。
次号ではそこに関わる人が真実を知ることになるのかな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャンプ SQ. (スクエア) 2017年 02月号 [雑誌]
価格:600円(税込、送料無料) (2016/12/31時点)




トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad