edit

わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた

12月20日に放送された多部未華子、高橋一生によるスペシャルドラマ。
王道なラブストーリーを否定しながらもやっぱり王道に。
アプリ開発会社の男性社長と、その会社で作ることになった恋愛シミュレーションゲームの
プランナーとして呼ばれた女性の物語。

出会いは最悪だった二人。
社長の黒川が自分の3年も抱えていた恋を実らせるために協力してほしいと、
プランナーの白野に相談することで始まる。

白野は自分が蓄積している情報を元に黒川にアドバイスを送る。
自身は随分長い間現実の恋愛から遠ざかっていたわけですが、
女心が全くわからない黒川相手には容赦なく、それでいて的確に進めていく。

ただまぁ、情報を引き出すために色んな王道キャラを試して相手の反応を確かめる、
って、やりたいことはわからんでもないけども、
一人の相手にそれをしたら、はたから見たら情緒不安定なんかと思うぞw
というわけで、相手にも本人もそう思うことに。
そりゃそうだよねぇ^^;

でも、話すきっかけであったり、相手を知ることに関しては上手くいきはしたっぽいですね。

二人はそれぞれ自分の学生時代の過去を話したりも。
白野の過去はえげつないな。
白野が、じゃなくて、もちろん周りがですが。
しかも、10年経っても変わらない。
あの男共は何一つとして成長してないみたいですね。
恥ずかしいにもほどがある。

そんな中で白野は黒川の言葉を思い出して面と向かって言い返したわけで、
去ろうとしたところで黒川が助けに来てくれたりも。
タイミング良すぎでしょうに^^;
で、その後は白野から教えてもらった王道で慰めたりも。
そりゃ、ドキッとするわなぁ。

黒川も自分の過去を話したりしたわけですけど、
だから何で周りに言うのかね、って感じですね。
真剣な想いをバカにするやつらばかりかよ、と。

そして、黒川の恋は実る。
初デートでのアドバイスが初手からってどうなんだよw

でまぁ、そんなこんなで白野の恋の終わりとなるわけで。
知らず知らずのうちに白野は黒川に惹かれていた。
黙って離れようとした。

が、黒川が友達だろ、と寝込んでいる白野のところに。
そりゃ、ぶちまけたくもなるわな^^;
ただ、すったリンゴ持ったまま追い出すのはやめたげてw
あれどうしたんだろ。

で、どうなるのかと思ったら、まさかの部下の裏切り。
3年前のクーデターを面白がっていたのは、ここに繋がるんですね。
というわけで、社長を解任されてしまう。
けど、それでめげなかった。
そう出来たのは白野のおかげ。

新しいアプリを開発し再びすぐ注目される。
けれど、恋の方は上手くいかず。
3年間の想い人とようやく結ばれたのに、彼女といても頭に浮かぶのは白野のことだった。
辛い時に声を聞きたいと思うのもお前だった、と。

桃瀬が背中を押してくれたりもして、二人はクリスマスに再会。
言い合いをしていたと思ったら、黒川からのプロポーズ。
で、指輪のサイズがw
他にすることがあるでしょ、と白野からのキス。

二人ともすごく幸せそうでしたねぇ。

それなりに楽しみにして見ましたけど、期待通り楽しめたラブコメでした。
ただまぁ、少し前に「あやしい彼女」を見たばかりだったので、
多部未華子さんがちょくちょくおばあちゃんちっくにも見えてしまったw

トラックバック

TB*URL

わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた

わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた JUGEMテーマ:エンターテイメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad