edit

倫敦幽霊バラッド/行田尚希(著) 読了

倫敦幽霊バラッド/行田尚希(著)良かったけれども、もう少し瑠璃とのことに集中してほしかったかな。
結局、ジャックのことが少し中途半端な感じになってしまってますしね。
というか、続くのかと思っていたので、
この形で終わってしまうと、
それは続けてもどうしようもないだろうしなぁ、と。
なのに、ジャックの存在が大きかったから
彼のことにももうちょっと触れてほしい、
って感じですね。

関連記事
倫敦幽霊バラッド/行田尚希(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
話の流れはわかりやすかったわけですけど、
最後が物足りなかったなぁ、と。
すごくあっさりと終わってしまった気がします。
わかりきってた展開だったから、もうちょっと何かあってもよかったのに、と。
だから、ページ数がほとんど残ってないから、続く感じになるのかな?
と思ったんですけど、そうはならずで。
そりゃまぁ、柊二郎と幽霊の話という部分では続けられるでしょうけど、
別れをきっかけに見えなくなったり、とかいうのも考えはしたんですけど、
そういうわけでもないですしね。
だからといって、瑠璃がいなかったら、それはなんか違うだろうしなぁ、と。
ただ、ジャックのことは読みたいなぁ、とは思います。

やっぱり前半に対して後半のというか、終盤の話の進め方が急ぎ足過ぎたかなぁ。
前半のじっくりな感じに対して、本当にあっという間に話が進んでしまいましたからね。
その印象が強くて他の感想あんまり書こうと思わないというね。
舞台女優さんの話であったり、きょうだいの話とそれぞれよかったですけどね。

良かったけど、少し残念だった。
そんな感じかなぁ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

倫敦幽霊バラッド [ 行田 尚希 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2016/11/25時点)



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad