edit

逃げるは恥だが役に立つ #09

『あの人に好きだよと言われる3日前』
たまらんねぇ。
二人ともかわいいなぁ、と。

早く会いたい。
なのに、すれ違う二人。
迎えに行ったら、同じタイミングで戻っていた。
で、一日経って帰ってくるのを待っていたら、
そこからトラブル続きで平匡は帰ってこられなくなってしまった。
ようやく帰ってこられたら、みくりは待ちくたびれて眠ってしまっていた。
けれど、すれ違っていても寂しさはあるものの、それもまた幸せそうな感じがしたかな。

そして、久しぶりの会話。
平匡の一言目の疲れた、の言い方が可愛かったなぁ。
で、ハグして癒される、と。
そんな幸せな時間にひたっていたら、みくりは料理を焦がしてしまった。
今日こそは美味しい料理を食べさせてあげたかったのに。

そんなこんなで平匡はシステムの再構築が必要だといい出した。
何でそうなっちゃうのかと^^;

というわけで、またよくわからなくって、ハグも自分からいい出したことだから
変更したいとも言いだせない。
そんな中でみくりが聞いちゃった平匡の独り言。
もしかして、みくりは好きでもない人とそういう関係になれるのだろうか、と。

平匡は声を出してないつもりだったようですけど、
バッチリだしていたし、みくりもバッチリ聞いてしまってたのなw
その後のみくりが紙に書いていたものも見られたんだろうかね?

そして、さらに平匡が女性と歩いているところを目撃。
仕事の取引先だったわけですが、そんな平匡からメールが来て、
帰りが少し遅くなります、と。
みくりはすぐに、今どこにいるんですか?と返信。
そしたら、会社です、と。

そりゃ、現場を見てたら不安にもなるわな^^;
でも、平匡にとって仕事中だから、移動中の詳しい場所は言わず会社で一括りにした、
とかってことかな?
と思ったけど、後での説明の感じだとそんな感じでしたね。

百合さんが長い年月をかけて作り上げてきたブランドイメージをおっさんがぶち壊そうとした。
しかも、百合さんの陰口をプラスして。
陰口はたまたま聞いてしまうことになったわけですけど、
そのことは同僚たちには気付かせずに。
いや、どう考えてもあのおっさんのセンスなさすぎるだろw
何であの広告を許可出来るのかと。

百合さんの足は自然といつものお店へと向いていたわけですが、
直前で思いとどまることに。
弱音を吐き出したくなかった、見られたくなかった、見せてしまうかもしれない、
と思ってのことだったのでしょうね。
でも、たまたま外に出た風見が百合さんを見つけて追いかける。

そして、彼の話は百合さんが守ってきたブランドイメージへ。
そこから百合さん自身の話に。
自分がいることで周りが、と話し始める彼女に、
そんなこと言わないで下さい、と。
そんな風見の言葉に思わず涙を流してしまった百合さん。
風見は周りの目から百合さんを隠し、自分にも見られたくないであろう
百合さんの涙を見なかった。
男前だなぁ^^;

女性と一緒にいるところを見たみくりは平匡への悪口を口に出してみた。
そこを平匡にバッチリ聞かれてしまうことに。
クッションで口を押さえていたけれども、聞こえるよね^^;
で、逃げようとしたわけですけど、平匡が手を掴む。
そこからまたみくりは気持ちとはあべこべな感じに。

で、そのままの勢いでもやもやしてるものを吐き出していった。
自分ばっかりが好きで。
平匡さんも好きならいいのに、と。

それに平匡は好きですよ、と応えた。
でも、みくりは渋々言わされたみたい、と。

そして、女性と一緒にいたことについて平匡は言われ、違っていたら言って下さいと
前置きをしてから、嫉妬してくれたんですか、と。
わかりきってることですけども、平匡にとってはそれもまた初めての経験。
ゆえに、怒ってるみくりを見てすごく嬉しそうだったねぇw
嫉妬してくれているのだ、と。

そして、平匡はもう一度自分の気持ちを伝えた。
ずっとみくりが自分のことを好きならいいのにと思っていた、と。

というわけで、二人はシステムやら契約書やら取っ払って、
本当の恋人になれたみたいかな。
必要だったことはシステムの再構築じゃなくて、本当の想いを伝えることだったんだ、と。
気づくのに時間がかかったなぁ^^;

で、その夜。
テンパりすぎでしょうにw

が、幸せな気持ちの中で起こるリストラ。
平匡が対象者になったみたいですね。
沼田が調査をして選んだわけですが、その中に平匡を入れた。
契約結婚のことを知ったことがきっかけなんでしょうけど、
何がどう沼田の中で気持ちが動いたのかね。
平匡は優秀な人なのにね。

次回、15分拡大で最終回ではなく、最終回前っぽいですね。

森山みくり:新垣結衣
津崎平匡:星野源
風見涼太:大谷亮平
日野秀司:藤井隆
田中安恵:真野恵里菜
梅原ナツキ:成田凌
堀内柚:山賀琴子
竹中道彦:高橋洋
渡辺一馬:葉山奨之
茉菜:古畑星夏
森山ちがや:細田善彦
森山葵:高山侑子
山さん:古舘寛治
津崎宗八:モロ師岡
津崎知佳:高橋ひとみ
森山栃男:宇梶剛士
森山桜:富田靖子
沼田頼綱:古田新太
土屋百合:石田ゆり子

トラックバック

TB*URL

火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』 第9話

『あの人に好きだよと言われる3日前』 内容紆余曲折の末、ようやく再会したみくり(新垣結衣)と平匡(星野源)「疲れた」「お疲れ様でした。おかえりなさい」「ただいま帰りました」だが、その平匡から“システムの再構築”を提案されるみくり。 困惑するみくりは、安恵(真野真里菜)に相談する。「もう、痛恨のミスはし...

逃げるは恥だが役に立つ「あの人に好きだよと言われる3日前」

今週のパロディは、まさかの鑑定団から。笑えました。ようよう、別居状態から抜け出た、みくり(新垣結衣)と平匡(星野源)なれど、最初は、行き違いになり、みくりの実家に引き止められ、帰ってきたら、今度は平匡の会社でトラブルで、激務。ようよう再会して、念願の優しいハグを交わします。そして、平匡から“システムの再構築”を提案されるみくり。お互いに恋人が出来たら… の項目はあれど、雇用主が恋人になったら...

逃げるは恥だが役に立つ 第9話

逃げるは恥だが役に立つの第9話を見ました。 別居状態から脱出し、津崎と二人で過ごす日々の幸せをかみ締めるみくりだったが、積極的になり始めた津崎の態度に微かな疑問を抱いていた。 「よく分かんないんだよね。こうなし崩しでここまで来ちゃって、向こうはホントに私のこと好きなのかなって」 「え?好きって言われてないの!?」 「言われてない」 「一度も?」 「言われてない。向こう...

逃げるは恥だが役に立つ 第9話

みくり(新垣結衣)は、一足先に自宅(仕事場?)に戻って来ていました。 みくりを迎えに来た津崎(星野源)は、みくりの両親に捕まってしまって・・・ ようやく別居状態を脱出して津崎と幸せに暮らせるかと思いきや、津崎は仕事でバグの日を過ごす羽目にw ある日、津崎の会社では沼田(古田新太)が不審な動きをしています。 SEのみんなの大体の貯金額をリサーチしていたのでした。 ...

逃げるは恥だが役に立つ (第9話・2016/12/6) 感想

TBS系・火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(公式) 第9話『あの人に好きだよと言われる3日前』の感想。 なお、原作:海野つなみ氏の漫画『逃げるは恥だが役に立つ』は未読。 みくり(新垣結衣)を迎えに行ったものの擦れ違いになり、そのまま仕事に忙殺されていた津崎(星野源)。数日後にようやく再会し、どちらからともなくハグをする。早速、契約内容の見直しを言い出...

「逃げるは恥だが役に立つ」 第9話 あの人に好きだよと言われる3日前

 つ、ついにみくりと平匡さんが枕を並べて眠る日がっ・・・・ (」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ 平匡さん、頑張って!で ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad