edit

終末のイゼッタ #09

『ゼルン回廊、燃ゆ Der Sellun-Korridor brennt nieder』
イゼッタは近隣のレジスタンスに力を貸し、
その名を世界中へと広めていく。

その一方でエイルシュタットに対するゲルマニアの侵攻は止まっていた。
リッケルトが魔女の情報を盗もうとしたことは結局なんだったのか、ということにも。
で、情報は持ち出されていない、と思ってたようで、
別のスパイがいることまでは気づかなかったようですね。

というわけで、赤い石は大地から魔力を吸収して貯蓄することが出来るみたいですね。

そして、対イゼッタ用の新兵器が投入された。
でも、それは予想の範囲内の兵器だったため、魚雷からヒントを得た新兵器を投入。
けれど、そちらは囮で別の方から攻撃が始まった。
急いで駆けつけたイゼッタの前に姿を見せたのはもう一人の魔女だった。
レッドフォードのパーティーで出会った少女。

彼女は白き魔女のクローンだった。
ゾフィーと名乗った彼女は最初はほとんど反応を示さない状態だったらしい。
ただ、イゼッタの血にだけは反応し、
パーティーでイゼッタから直接血を飲むということになったようで。
その結果、意思を持って行動するように。

彼女は裏切りの国への復讐を始めた。
というわけで、白き魔女の伝説の真実はビアンカがリッケルトから聞かされたものの方
だったということみたいですね。
ジークはそのことを知ってるっぽいのかな?
机の引き出しに入っていたものはなんだったのかな?

というわけで、イゼッタは敗れ、ランツブルックは陥落。
イゼッタは捕らえられたのでしょうけど、フィーネはどうなったのかな?

イゼッタ:茜屋日海夏
フィーネ:早見沙織
ビアンカ:内田彩
ロッテ:東山奈央
エルヴィラ:花澤香菜
ベルクマン:諏訪部順一
ジーク:高橋広樹
リッケルト:花江夏樹
ハンス:KENN
バスラー:細谷佳正
ゲルツ:遊佐浩二
ヘルマン:置鮎龍太郎
トビアス:間島淳司
レッドフォード:星野充昭
エリオット:平川大輔
ルドルフ:森川智之
オットー:山寺宏一
シュナイダー:塩谷浩三
ハルトマイヤー:麻生智久
イゼッタの祖母:平野文
ヨナス:遠藤広之
グロスコップ:赤城進
ケラー:中谷一博
フェルナー:樫井笙人
ヴァルマー:綿貫竜之介
エリザベート:井上喜久子
グローマン:稲田徹

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad