edit

IQ246~華麗なる事件簿~ #07

『完全犯罪を名女優は演じきる』
正体がわかっていて森本のところに通ってたのな。
全身整形して姿を変えていたらしい。

散布されたものは新種のウイルスだったわけですが、
解剖室に通っていたことでそのワクチンを用意していたらしい。
でも、完璧なものではないために回復までに時間がかかり、しばらくは車椅子生活に。
そのため、森本が姿を見せて捕まえようとしたけれども逃してしまうことにも。

そして、今回の事件は女優による殺人事件。
本人は自作自演のつもりだったようですけど、
ストーカーは実在していた。
というわけで、その存在を利用して真実を明らかにした。
どうしても演じたかった作品の主演を奪うために殺した。
そうまでして手に入れた主演を世には出せなくとも買い取って完成させることにした沙羅駆。

そんなこんなで次回は沙羅駆が捕まってしまう。
マリアTがしていたことの罪をってことになるのかな?
それを奏子が解決することに?

法門寺沙羅駆:織田裕二
和藤奏子:土屋太鳳
89代目 賢正:ディーン・フジオカ
山田次郎:宮尾俊太郎
今市種子:真飛聖
法門寺瞳:新川優愛
足利尊氏:矢野聖人
棚田文六:篠井英介
88代目 賢丈:寺島進
森本朋美:中谷美紀

トラックバック

TB*URL

IQ246~華麗なる事件簿~ (第7話・2016/11/27) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』(公式) 第7話『完全犯罪を名女優は演じきる』の感想。 沙羅駆(織田裕二)は、一連の事件の黒幕で法医学専門医監察医に成り済ましていたマリアT(中谷美紀)と接触するが、取り逃がす。沙羅駆はマリアTのパソコンに残されていたメッセージを解読し、次の犯罪が起きると思われるテレビ局のスタジオへ。一方、警察に「女...

IQ246~華麗なる事件簿~ 「完全犯罪を名女優は演じきる」

ずっと地味な存在の、監察医の森本朋美になりすましてた、中谷美紀の起用はダテじゃなかった!これまで沙羅駆(織田裕二)が解決してきた一連の事件の元凶で、『13』と名乗っていた、『M』こと、犯罪の黒幕“マリア・T”になって以降、存在感を放ってますね。サスガです散布されたものは新種のウイルス。おかげで、沙羅駆(織田裕二)は、しばし車椅子生活になってしまいました。すぐに朋美が使っていたパソコンを分析。...

IQ246~華麗なる事件簿~ 第7話

沙羅駆(織田裕二)が解決して来た事件の黒幕「マリアT」が監察医・森本朋美(中谷美紀)に成り済ましていたことが判明します。 沙羅駆も朋美に怪しさを感じていたものの証拠がなかった・・・ 彼が朋美のところに出入りしていたのは、今回彼女が使用したウィルスのワクチンを手に入れるためだったようです。 「マリアT」はIQ300もの頭脳を持つと言われていて、世界的に暗躍する犯罪コンサルタン...

日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿』第7話

「完全犯罪を名女優は演じきる」内容ついに“マリア・T”が、沙羅駆(織田裕二)の前に現れる。「待ちかねたよ。ワクチンは開発済みだ。すでに摂取してある」と、監察医の朋美(中谷美紀)を組み伏せるのだった。「全身整形で別人になりきるとはね。 ただ体からあふれ出る品性だけは、誤魔化しようが無い」だが、次の瞬間、沙羅駆は意識を失ってしまう。 目覚めると、沙羅駆は屋敷にいた。心配...

日曜劇場「IQ246~華麗なる事件簿~」 第7話

日曜劇場「IQ246~華麗なる事件簿~」 第7話 (公式ホームページ) 沙羅駆が生きていることも、マリア・Tに馬乗りになっていたことも次回予告でネタバレしていたわけだ。それを前回批判したわけだけど、実はそれ以上の展開を用意していた点は素直に驚いた。 沙羅駆を超えるIQ300というマリア・T、一度はそのマリア・Tを上回りながらもワクチンの不完全性で逃した沙羅駆。っていうか、沙...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad