edit

座敷童子の代理人 4/仁科裕貴(著)

座敷童子の代理人 4/仁科裕貴(著)メディアワークス文庫、11月の新刊1冊目。

旅館が舞台になる映画撮影にあわせて、
新人女優が住み込みで働き始めた。
不思議な魅力を持った彼女は、大きな謎も持っていた。
かつて数多くの鬼を部下に従え、鬼の頭領とまで
謳われた酒呑童子に呪われ、取り憑かれていることだった。
座敷童子コンビが謎に挑む中、玲奈が現れたことで
司貴と和紗との関係にも変化が。

終わりそうな雰囲気もあったので心配してましたが、
4巻出ましたねぇ。
今回の表紙は賑やかさと華やかさがあっていいですね。
これまでで一番好きな表紙かな。
というわけで、酒呑童子は何をしてるのやら?

関連記事
座敷童子の代理人/仁科裕貴(著)
座敷童子の代理人/仁科裕貴(著) 読了(ネタバレ注意)
座敷童子の代理人 2/仁科裕貴(著)
座敷童子の代理人 2/仁科裕貴(著) 読了(ネタバレ注意)
座敷童子の代理人 3/仁科裕貴(著)
座敷童子の代理人 3/仁科裕貴(著) 読了(ネタバレ注意)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

座敷童子の代理人4 [ 仁科 裕貴 ]
価格:702円(税込、送料無料) (2016/11/25時点)



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad