edit

IQ246~華麗なる事件簿~ #06

『才能買う画家が描く殺しの絵』
大金に目がくらんでの殺人の連鎖。
自分の才能を信じられなかった画家が大金で才能を買った。
けれど、描き続けた絵は認められていた。
弟を殺す前日に。
通知も隠されていた、とかってことだったりするのかね?
殺す理由を与えるために。

賢正は歯医者が苦手だったのなぁ。

そんなこんなで今回はこれまで顔がわかっていなかった13が明らかに。
というわけで、やっぱり森本がメールの送り主だったようですね。

法門寺沙羅駆:織田裕二
和藤奏子:土屋太鳳
89代目 賢正:ディーン・フジオカ
山田次郎:宮尾俊太郎
今市種子:真飛聖
法門寺瞳:新川優愛
足利尊氏:矢野聖人
棚田文六:篠井英介
88代目 賢丈:寺島進
森本朋美:中谷美紀

トラックバック

TB*URL

日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿』第6話

「才能買う画家が描く殺しの絵」 内容沙羅駆(織田裕二)は、奏子(土屋太鳳)が持っていた新聞の記事に注目する。3週間ほど前に、鈴木守(今野浩喜)という男の遺体が、橋の下で発見された事件だった。近くに落ちていたブロック片に血痕。目撃者も無く、防犯カメラも無...

IQ246~華麗なる事件簿~ (第6話・2016/11/20) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『IQ246~華麗なる事件簿~』(公式) 第6話『才能買う画家が描く殺しの絵』の感想。 沙羅駆(織田裕二)、奏子(土屋太鳳)らは東京都内の地下道で殺された弁当工場従業員・鈴木(今野浩喜)のアパートを訪問。彼の年収では買うのが難しい高価な限定フィギュア6体と、証券会社の株購入予定の資料およびその担当者・亮次(和田聰宏)の名刺を見つける...

IQ246~華麗なる事件簿~ 「才能買う画家が描く殺しの絵」

今回は、映像が凝っていて、よく言えば、スタイリッシュ。わざと思わせぶりで難解にしてた感もありましたね。頭脳を持て余してた、沙羅駆(織田裕二)は奏子(土屋太鳳)が手にしていた新聞記事に注目。3週間ほど前、鈴木守(今野浩喜)が橋の下、ブロックで頭を殴られ死んでいたのでした。目撃者も防犯カメラもなく、素行は真面目で、怨恨と考えられず、いったい何故?それで、沙羅駆は、奏子、賢正(ディーン・フジオカ)...

IQ246~華麗なる事件簿~ 第6話

いつものように沙羅駆(織田裕二)は屋敷で暇を持て余していました。 そこに、占いをしていた瞳(新川優愛)から、沙羅駆に何かが近付いて来ている暗示が・・・ 沙羅駆は、奏子(土屋太鳳)が手にする新聞に掲載されていた未解決の殺人事件の記事に目を止めます。 それは、3週間ほど前に橋の下で鈴木(今野浩喜)という男性が他殺体で発見されたという内容でした。 事件に興味を抱いた沙羅駆は...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad